アオアシ 第178話ネタバレ感想『瞬兄のスピンオフ初公式発言!?』

【画像】花の言葉がアシトの心には届かなかった | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】花の言葉がアシトの心には届かなかった | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 前号までのあらすじ
  • アオアシ 第178話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第178話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 前号までのあらすじ

船橋戦のスタメンに選ばれたアシト。その直後に「二年生の平が船橋戦を以って引退する」ことが発表される。信じられない二年生は、平を出場させるために点差を広げようと決意する。一方、アシトは「今は船橋戦以外、何も考えられない」と言い放つ。そんな中、アシトの母が上京し…。

アオアシ 第178話ネタバレストーリー・あらすじ

アシトの母紀子がアシトにやっと会えた。

花は、紀子を案内しにきただけだからとそそくさとその場を去る。

しかし、紀子は、花を止めて、アシトとケンカでもしたと聞く。

花が答える前に、アシトはケンカしてないと母親にいう。

アシトは、お金がかかるから応援は断ったはずだけどという。

母親は、応援がメインだけど、瞬のことも相談があってきたという。

愛媛の地元のJクラブのユースが瞬に中途入団テストを勧めてきたという。

瞬は、中3の時に喘息のために引退。関係者がいろいろ説明しにきたという。

兄がJクラブでサッカーがやれる。そんな喜ばしいことを聞いて、アシトは素直に喜ぶ気分ではなかった。

最高の話だけど、船橋戦が終わったら兄に電話するというアシト。

船橋戦が終わったらと。試合のこと以外は考えられない。

そして、アシトは寮に帰ろうとする。

福田は、母親が愛媛から来てくれてるから門限を気にせずに、ゆっくり話してきたらいいという。

【画像】今の感覚を逃したくないというアシト | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】今の感覚を逃したくないというアシト | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

しかし、アシトは、次の試合でものすごいものがつかめそうな感覚がある。ほんのちょっとの気の緩みで、抜けていってしまうような気がする。この感覚を逃したら次があるかどうかもわからない。

母親には、今の自分を応援なんかしなくてもいいという。ユーズの自分は半人前。プロになった自分を見て欲しい。絶対にプロになって、母親を楽にさせたい。だからそれまで話さなくてもいい。

今はこんなことをしている場合ではない。行くとまた歩き始めるアシト。

それを、止める花。

【画像】紀子の心配を「こんなこと」で片付けるアシトを叱る花 | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】紀子の心配を「こんなこと」で片付けるアシトを叱る花 | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

母親が心配して上京している。話してあげることもできないのとアシトに問う。

心配って何だと問い返すアシト。

今、最高の感覚。過去最強の船橋相手にこの気持ちのまま挑みたいだけ。心配とか気持ちを削ぐようなことをいうやつは邪魔だというアシト。

花は、自分はただのファン一号だから、邪魔だと思ったら切り離してもいい。他人だから。ただ母親にはやめろという花。

アシトは、謝って、話すのは船橋戦のあと。船橋戦ではいいところ見せるという。

【画像】アシトを見て、スペインのときの兄を重ねてしまう花 | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】アシトを見て、スペインのときの兄を重ねてしまう花 | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

花は、自分もアシトのことを心配しているという。サッカー以外の余裕がなさすぎる。それはスペインの時の兄と同じだという花。調子がいいことも何かをつかめそうなこともわかった。でももしつかめそうにもなかったら逃げてほしいという花。たかがサッカーなんだからと。

しかし、花の言葉はアシトには届かなかった。アシトは、花の言葉の意味が全然わからんと寮に戻っていく。

寮に帰り途中、栗林がアシトを待ち伏せる。

周りを切り離してでも突き進みたいものができたかとアシトに問う。

それで本当に船橋戦で何かを掴んでこられるなら、「突き通せた」ことになる。それは世界に通用する強さになるかもなと言って立ち去る栗林。

アオアシ 第178話ネタバレ感想・まとめ

アオアシのスピンオフが始まるのか。瞬兄のJクラブで活躍する話だろうか。

喘息でサッカーやるのは危険なのではないだろうか。プロサッカー選手で喘息持ちの人いるのかな。岡崎慎司選手がプロになって2年目で喘息になったというエピソードがあるみたいだね。克服もしたみたいだから、瞬のJクラブに誘われるというパターンもおかしなことではないのか。

【画像】瞬兄のスピンオフ初公式発言!? | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】瞬兄のスピンオフ初公式発言!? | 引用元:アオアシ 第178話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

親からすると喘息持ちなのにJクラブの関係者がやってきても、心配は絶えないだろうな。

花も紀子も「たかがサッカー」という見解。これは、栗林や福田が言った言葉だったら重さが違うだろう。どんな見解にせよ、花と紀子はサッカーをやる当事者ではない。その立場の人間が、サッカーをやってる人間にサッカーを「たかが」という言葉を受け入れられる人間はそういないだろう。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。