七つの大罪 第312話ネタバレ感想『伝説の魔獣インデュラ出現』

【画像】ゼルドリスを救いにメリオダスと一緒にいくというエリザベス | 引用元:七つの大罪 第312話 漫画:鈴木央

【画像】ゼルドリスを救いにメリオダスと一緒にいくというエリザベス | 引用元:七つの大罪 第312話 漫画:鈴木央

  • 七つの大罪 前回までのあらすじ
  • 七つの大罪 第312話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 七つの大罪 第312話ネタバレ感想・まとめ
  • 七つの大罪 登場人物・キャラクター近況まとめ
  • 七つの大罪 概要
  • 七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

七つの大罪 前回までのあらすじ

現世・精神世界で魔神王を倒し、聖戦・ついに終結。メリオダスも現世復帰を果たし、戦士たちはリオネス王国へと帰還する。魔界へ去るメリオダスへの同行を選んだエリザベス。だが、別れ際、突然の落石が彼女を襲う。それは永劫の輪廻の再生と、ゼルドリスを拠り代とした魔神王の復活を意味していた。

七つの大罪 第312話ネタバレストーリー・あらすじ

魔神王の復活をメリオダスから聞かされ、信じられないホーク。

メリオダスへの報復で、メリオダスの呪いを再発動させたのだろうというバン。

問題は、誰を拠りしろに復活したか。それについてはメリオダスは見当もついていない。

魔神王となったゼルドリス。その歩く姿を見て、農家の人間が服がボロボロなら家で休んでけと声をかける。

魔神王は、王に惨めな格好は格好がつかないと魔力を使って、服を新調する。

魔神王は、魔力の流れを感じながら、農家の家と山を一握りで潰す。

性能面ではメリオダスにだいぶ劣ると憂慮していたが悪くないと思う魔神王。完全な支配下に置けば魔神王本来の力を再び取り戻せると確信する。

【画像】ゼルドリスのカラダをのっとった魔神王 | 引用元:七つの大罪 第312話 漫画:鈴木央

【画像】ゼルドリスのカラダをのっとった魔神王 | 引用元:七つの大罪 第312話 漫画:鈴木央

愚かなメリオダスのように父を拒絶するなと中のゼルドリスに言い聞かせる魔神王。

呪いの再発動に気づけば、七つの大罪はいずれ嗅ぎ付ける。器の完全な支配にはしばし時間がいる。

下位魔神では、足止めにならない。七つの大罪に対して十戒すらも力及ばないだろうと考える。

魔神王は、マーリンが開けた魔界への扉の力を感じる。それを利用しようと考える。

マーリンは、魔界の門はじきに消滅すると考えていた。人間が通れるわけもなく、魔界から侵入しようとしても白色魔神が通るのが精一杯だという。

閉じようとしている魔界の門を魔神王がこじ開ける。

魔神王は、魔界の門を開き、インデュアを呼び寄せる。

強大な魔力がインデュラであることを確認するマーリン。

魔神族ですら忌み嫌う伝説の魔獣。

【画像】伝説の魔獣インデュラに向かう五人の七つの大罪 | 引用元:七つの大罪 第312話 漫画:鈴木央

【画像】伝説の魔獣インデュラに向かう五人の七つの大罪 | 引用元:七つの大罪 第312話 漫画:鈴木央

ホークとエスカノールは、バルトラ国王に報告。キング、ディアンヌ、ゴウセル、マーリン、バンの五人でインデュラを迎え撃つ。

メリオダスは、エリザベスのところにいろというバン。

メリオダスは仕方なく頼む。

みんながいなくって、エリザベスは、魔神王の新しい器がゼルドリスだということをどうして言わなかったのかと聞く。

弟とオヤジの問題をみんなを巻き込みたくないという。

エリザベスは魔神王のところにいかなくちゃいけないとメリオダスにいう。

メリオダスの神器を取り出し、渡す。

メリオダスはエリザベスを一人にできないという。

エリザベスは、私を一人にしておけない。ゼルドリスを三度も見捨てるわけにはいかない。だったら、私がメリオダスと一緒にいけばいいというエリザベス。

メリオダスは、エリザベスの提案を受け入れる。

二人は、魔神王のところに飛び立つ。

三千年前、メリオダスが魔界を出て行く時もそうだった。何があっても味方だからと手を差し伸べてくれたエリザベス。いつだってメリオダスの手を離さずにいてくれた。そういうところ全部、惹かれたというメリオダス。

七つの大罪 第312話ネタバレ感想・まとめ

ゼルドリスも、魔神王との精神世界での戦いが始まるのか。いや、絶望し、魔神王を受け入れてしまうのではないか。

それを救うのは、ゼルドリスの恋人だろうな。

週刊少年マガジン『七つの大罪』を読んで。

七つの大罪 登場人物・キャラクター近況まとめ

バン
七つの大罪団員。不死身の体により、団長の感情を取り戻すため煉獄へと旅立っていた。

エレイン
妖精王の森を守る聖女で、三代目妖精王・キングの妹。バンの恋人で、バンのギフトにより完全な復活を果たした。

メリオダス(魔神王)
戒禁を全て吸収し、成長した大人のメリオダス。だが、その正体はメリオダスの体に憑依した魔神王。

キング
七つの大罪団員。三代目妖精王ハーレクインとしても君臨する。マエル戦で覚醒を果たした。

エリザベス
リオネス王国の王女で、メリオダスの恋人。三千年前の呪いにより、三日後に死に、転生する運命にある。

ディアンヌ
七つの大罪団員。オスローを通じ、地上からキングたちの援軍として合流した。

マエル
「太陽」の恩寵を持つ四大天使。十戒エスタロッサとして記憶を改変されて暴走したが、現在は七つの大罪に協力している。

エスカノール
七つの大罪団員。昼は最強、夜は最弱で、現在はマエルに「太陽」を貸している。

メリオダス
七つの大罪団長。魔神王に感情を奪われ、戒禁の吸収による魔神王に乗っ取られた。

七つの大罪 概要

人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。

七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。