キングダム 第604話ネタバレ感想『李牧の謎の戦術』

【画像】李牧の謎の戦術を解かない限り、すぐに通用しなくなる | 引用元:キングダム 第604話 漫画:原泰久

【画像】李牧の謎の戦術を解かない限り、すぐに通用しなくなる | 引用元:キングダム 第604話 漫画:原泰久

  • キングダム 第604話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第604話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第604話ネタバレストーリー・あらすじ

バナンジの指示には従わず、ギョウウン軍だけが前に出てくる。

渕は、部隊を鼓舞し、向かってくるギョウウン軍と正面からぶつかる。

渕の鼓舞を評価する河了貂だが、飛信隊の押しは予想の上をいっていない。

飛信隊を引っ張っていくはずの信とキョウカイの姿が戦場で埋もれている。

昨日のチョウガリュウの戦いで限界を超えて戦ったから回復してきれていないと見る河了貂。

ガロは、信に調子がでてないとツッコミを入れる。

もう少し動いて体がバカになれば痛みは感じなくなるという信。

ガロは、信の調子が戻るまでガクライと信の前を張るという。

信の居場所を確認したギョウウンの部下は、ギョウウンに報告しに向かう。

ヒヒョウの後ろにいる信を昨日のたたかいの傷のせいだろうと予想する。

ギョウウンは、主の言葉を受け、全力で信を葬ろうと十槍のうち三人と部隊を送り出す。

ギョウウン軍の横から玉鳳隊が迫ってきていた。

ギョウウンは自分の守りを手薄にしてでも玉鳳隊のほうにも十槍のうち三人と部隊を送り出す。

中央は、李牧本軍と王翦本軍が真っ向からの攻め合いとなった。

王翦の第三将のデンリミは、亜光、マコウと違い、自ら矛を振るう将ではない。それでも第三軍をはるデンリミ軍の兵は、個々の戦闘能力が高い。デンリミ特有の練兵により賢く戦う兵団。一度苦戦した相手には現場で修正し、攻め方を自在に変化させる。

【画像】李牧の兵にデンリミの戦術が効かない | 引用元:キングダム 第604話 漫画:原泰久

【画像】李牧の兵にデンリミの戦術が効かない | 引用元:キングダム 第604話 漫画:原泰久

しかし、李牧軍のコウハクの兵には一切通用しなかった。この時、なぜ通用しないのかデンリミも理解できていなかった。特殊な戦術も武の力で圧倒されたわけでもない。

李牧軍のコウハク将軍とラクハイ将軍の兵は長い年月かけて李牧に戦術を叩き込まれた兵。一人一人が李牧の戦術を理解した直下兵ともいえる。それほどの兵とデンリミは戦っていた。

本陣から王翦は、デンリミが押されている理由は見抜けなかった。

王翦は、探るために強い部隊を送る。

力技で前線を乱そうとしているが、謎を解かない限り、李牧の兵にはすぐに通用しなくなるという。

キングダム 第604話ネタバレ感想・まとめ

謎?戦術の謎があるのか。それにしてもデンリミ兵が大量に押し込んでいるのに、コウハクの兵は、キレイな列を保ったまま、最前線では、デンリミ兵と交戦し、一つ後ろの予備の壁は一人分しか作っていない。これも李牧の戦術の謎につながるのだろうか。

【画像】デンリミ兵に対応するコウハク兵 | 引用元:キングダム 第604話 漫画:原泰久

【画像】デンリミ兵に対応するコウハク兵 | 引用元:キングダム 第604話 漫画:原泰久

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。