【読み返し】アオアシ 第142話ネタバレ感想『ロープを使った守備の練習法』

【画像】ロープを使った守備の練習法 | 引用元:アオアシ 第142話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】ロープを使った守備の練習法 | 引用元:アオアシ 第142話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 第142話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第142話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 第142話ネタバレストーリー・あらすじ

強情な富樫がアシトにアドバイスを求める姿に朝利たちは驚く。

Aの富樫がこれだけやっているのに、Bの自分たちは何をやっているんだと自己嫌悪に落ち込む。

アシトは、視野が広いと褒められるが、それをなんで守備に活かせないんだと悩んでいた。

サッカーをやってるときはいろんなものが見えてくる。それを攻撃に活かそうとする時、アイデアが浮んでくる。

【画像】自分の広い視野が守備に活かせないことを悩むアシト | 引用元:アオアシ 第142話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】自分の広い視野が守備に活かせないことを悩むアシト | 引用元:アオアシ 第142話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

しかし、守備では、即席の練習でもすぐわかるぐらいの下手さ。

守備は朝利や竹島のほうが完全に上。もちろん富樫も上。

自分の守備がプレミアレベルではないことは痛いほどわかる。でもプレミアに出たい。もう一度、あの舞台に。

守備は苦手。それでも今は、心底理解したいと思ってる。

誰でもいい教えてくれと嘆願するアシト。

遊馬は、朝利たちに教えてやれないのかと聞く。

竹島は、基本的なことならまだしもプレミアだし、何よりアシトに何から教えればいいか分からないという。

ジュニアから当たり前に教わってきた守備の概念がアシトには全くない。守備は組織的で、言葉にするとどうしても理論的、小難しい説明になる。

その意拳に反論する声が外野から聞えた。

アシトを始め、みんなが目を疑う。

そこに福田監督が現れる。

【画像】守備を論理的にしか説明できないのは問題だという福田 | 引用元:アオアシ 第142話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】守備を論理的にしか説明できないのは問題だという福田 | 引用元:アオアシ 第142話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

福田は、守備が攻撃に比べて、組織的という部分には賛同するが、論理的にしか守備の説明ができないのは大きな問題だという。

朝利と竹島の弱点はそういうところだという。

朝利は、門限については富樫のせいだと言い出す。

しかし、福田は門限のことなんて聞いてない。

福田はシューズをはきかえると、練習に自分も入ると言い出す。

何年か前に提案した練習法が意外と面白いという。

守備陣4人が、このロープを両手に持ってつなげという。

練習を始めると、福田は、アシトをかわし、遊馬にパスを出す。

富樫がボールを追いにいくと、引っ張られるアシト。

ディフェンダーが一人でも動いたら無理にでもついていかないといけない。

福田が竹島を抜く。ディフェンダーの動きにアシトは追いつけずロープを手放してしまう。

【画像】福田のループシュート | 引用元:アオアシ 第142話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】福田のループシュート | 引用元:アオアシ 第142話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

福田は、ループシュートを打つ。ボールはゴールに綺麗に収まる。

福田は竹島に、動くとき腰があからさまに進行方向に向く。目線も簡単に読める。相手をもっとだましにかかれとアドバイスする。

続けて、富樫は、視野を身に付けたいというのは目のつけどころはいい。アシトを観察して徹底的にやれ。

朝利と竹島は、守備を誰にでもわかる言葉で当てはめられるまで、アシトの練習に付き合うのもいい。

橘はアイコンタクトのタイミングがいつもズレている。

そして、アシト。

ロープから手を離したのはアシトだけ。

木曜の夜だけ、練習に付き合ってやるという福田。

アオアシ 第142話ネタバレ感想・まとめ

自分の弱いところを認められるのは大きな一歩。そこから這い上がるチャンスがある。自分の弱さに気づいても認めないと先に進めない。そういう意味でアシトはセンターバックに指名されたときよりも前に進める姿勢になってきた。

ロープの練習法って、危なくないのかな。

サッカーはボールを追って、180度、体を反転させたりと両手の位置が逆になったりするだろう。ロープが体に絡んだり、足に絡んだりして転倒の恐れがあるのではないだろうか。

さらに、攻撃する側は、守備を抜くこともあるだろう。その時、ロープに足をひっかけて倒れるんじゃないだろうか。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。