アオアシ 第168話ネタバレ感想『桐木にラストパスを出せる一点に集中するエスペリオン』

エゴの形を変えろと桐木に期待する福田 | 引用元:アオアシ 第168話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

エゴの形を変えろと桐木に期待する福田 | 引用元:アオアシ 第168話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 第168話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第168話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している無料WEBマンガ『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 第168話ネタバレストーリー・あらすじ

桐木は、自分は何と戦っているのかと自問する。福田は桐木のエゴの形を変えられるかと桐木に問う。

大友の献身的なプレーに何を思う。なんとしても桐木にボールを集めようとする仲間の顔を見て何を思う。

桐木は、さっきのゴールを外した遊馬が、半歩足りず、決められなかったが次は利き足で撃てるように頑張るという言葉がフィードバックする。

桐木は、遊馬たちの利き足すら知らない。試合をやる前から仲間を切り捨てていたのかと気付く。

勝手に切り捨てて仲間の利き足すら知らない桐木 | 引用元:アオアシ 第168話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

勝手に切り捨てて仲間の利き足すら知らない桐木 | 引用元:アオアシ 第168話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

敵チームのコーチは大友が入ってからエスペリオンに迷いがなくなったと理解している。狙いはわかっている。桐木にボールを集めるためだ。しかし、桐木の「どの能力」に期待して前線を張らせているのかわからない。絞り切れない。

栗林は、エスペリオンは全員やるべきことはわかっている。大友投入のおかげで、桐木に最後にどう動いてもらうか全員が思い出せた。みんなは身を挺してそこまでもっていくという。

チェコにいった「代表」。今日のメンバーは「Aの控え」。メンバーの顔を見ないで「レッテル」を見ていた。だから、できないメンバーと最初から決め付けていた。できるのに、勝手に切り捨ていた。

葦人が辰巳をひきつけて、バックパス。そこにセンターサークルまで上がってきた大友。大友は桐木にパスを通す。

桐木は、ペナルティエリア直線で二人のマークを振り切って、遊馬にパスを出す。

桐木以外の10人は、「桐木にラストパスを出させること」それ一点に目的を絞ったと解説する栗林。

「桐木にラストパスをださせること」それ一点に絞ったエスペリオン | 引用元:アオアシ 第168話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

「桐木にラストパスをださせること」それ一点に絞ったエスペリオン | 引用元:アオアシ 第168話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

絶妙な軌道のパス。遊馬が届くか。

遊馬は、桐木のパスを強いと感じる。これでは左足でも届かない。敵キーパーは安堵する。

しかし、桐木のパスはワンバウンドで遊馬のほうにバックスピンしてくる。遊馬の利き足に最適な場所にボールが入ってくる。

遊馬は渾身のシュートでゴールネットを揺らす。

ゴールの喜びをかみ締める遊馬たち。

絶好のラストパスを出した桐木が呆然とする。フェンスに栗林の姿を見つける桐木。栗林は、桐木に親指をたてて、ナイスアシストを祝福する。エスペリオンのみんなが桐木に集まってくる。

後半36分
エスペリオン1-0東京V

得点者:本木遊馬
アシスト:桐木曜一

アオアシ 第168話ネタバレ感想・まとめ

呆然となってる桐木だが、こんな呆然なのに最高のラストパスができる技術力。桐木の技術力と、みんなの協力で生まれた1得点。これで桐木は、「Aの控え」を再評価せざるをえない。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。