【最新話】アオアシ 第181話ネタバレ感想『二原にふりきられてしまうアシト』

【画像】阿久津にプロペラ機と言われたことをヒントにするアシト | 引用元:アオアシ 第181話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】阿久津にプロペラ機と言われたことをヒントにするアシト | 引用元:アオアシ 第181話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 前号までのあらすじ
  • アオアシ 第181話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第181話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 前号までのあらすじ

「二年生の平が船橋戦を以って引退する」ことが発表される。信じられない二年生は、平を出場させるために点差を広げようと決意する。一方、アシトは船橋戦で何かがつかめる手応えを感じていて、そこに集中している様子だ。キックオフ直後、船橋の攻撃を見事抑えたアシト達だが…。

アオアシ 第181話ネタバレストーリー・あらすじ

エスペリオンと船橋の試合が始まった。

高杉は、船橋の攻撃を凌いで、早く「あの形」で攻撃スイッチを入れたいと焦っていた。

桐木から松永にパスが渡る。

松永は、船橋をかわし、栗林にパスを出そうとする。

船橋のサミィが強引なスライディングで松永からボールを奪う。

リスクも大きいここでスライディングをやってきたことに、高校サッカーの泥臭いサッカーを内心批判する松永。ユースならこういう動きはしないと。

船橋ベンチでもサミィのスライディングを評価する。船橋の監督は、栗林にボールが渡っていたらヤバイ感じだったという。何かのスイッチが入る前に船橋が一点取っておきたいと考えていた。

船橋ボール。

トリポネと二原がワイドを使ってきた。

エスペリオンは両サイドバックの小早川とアシトが付く。

1年のアシトの左サイドバックを弱点とみて攻め方を瞬時に変えてきた船橋を褒める福田。

船橋の監督夏目は動いていない。つまり、トリポネと二原は揃って個人戦術レベルで判断して実行したということ。

アシトは二原についていた。二原がなにやらニコニコしている。

アシトは、二原の顔を見た途端、ニ腹は「あ」という表情をする。それにアシトが気をとられた瞬間、二原が動き、アシトを振り切ろうとする。

【画像】二原に追いつけないアシト | 引用元:アオアシ 第181話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】二原に追いつけないアシト | 引用元:アオアシ 第181話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

二原は、センターに向かっている。ここで、二原にボールがパスされるとヤバイ。

笑う二原に、ボールを長そうとするも阿久津の位置取りが上手くパスを出してもアシトと挟み撃ちになる可能性があると判断して、安田は二原とは別にパスする。

【画像】止まった二原にぶつかってファウルするアシト | 引用元:アオアシ 第181話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】止まった二原にぶつかってファウルするアシト | 引用元:アオアシ 第181話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

ボールがこなかったことで走るのをやめる二原。突然、二原が止まったことで、アシトが止まれず、二原にぶつかってしまう。

二原にぶつかって船橋にフリーキックを与えてしまう。

ビデオと現実では全然、二原の速さが違うことを実感する。

アシトのところに阿久津がやってきて、重戦車にプロペラ機が当たりに行って動きを止める気かと貶しにくる。

船橋のフリーキックは大きく外れ、エスペリオンは助かる。

阿久津は、ワイドを使われたら、ゾーンディフェンスでは分が悪い。マンマークにするという。阿久津は富樫に、トリポネをマークできるかと聞く。富樫は、封じてみせると意気込む。

小早川は、二原はどうすると阿久津に聞く。阿久津は自分で抑えようと思ったが、アシトが自分にやらせてくれと阿久津に嘆願する。小早川は、さっきの突破のされ方だったら無理だというも、アシトはもう一度チャンスをと譲らない。

【画像】二原のマンマーク役に名乗り出るアシト | 引用元:アオアシ 第181話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】二原のマンマーク役に名乗り出るアシト | 引用元:アオアシ 第181話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

阿久津は、一回でも突破されたら志願交代しろとアシトの要望を叶える。

マンマークもできないサイドバックなんて攻守コンプリートなんて夢のまた夢。マンマークをものにするという。

その時、阿久津に言われた「プロペラ機」がヒントとなる。

二原の動きをイメージするアシト。

アオアシ 第181話ネタバレ感想・まとめ

二原はただの重戦車ではなく、超高速の重戦車という感じなのだろう。速い重い戦車に、プロペラ機がどう対応するか。実際は、空飛んでるプロペラ機のほうが速くて小回りは効かないんだけど、「小回り」はピックアップされて、二原が動く前にアシトが二原の進行方向を塞ぐというやり方でマンマークを成功させるのではないだろうか。

走り出したら止められないなら走らせないようにする。そういう方法ではないだろうか。

でもその前に、視野が広いはずのアシトが、二原にぶつかったというのは、二原、阿久津、安田が見えていないということだろう。二原があまりにも足が速すぎて、視界が狭くなっちゃったのかな。

二原のラリってる感というかサイコパス感というか。なんか異様なキャラだよね。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。