BEASTARS(ビースターズ) 第75話ネタバレ感想『レゴシが食肉していないと知ったルイ』

【画像】ルイを抱きしめるレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第75話 漫画:板垣巴留

【画像】ルイを抱きしめるレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第75話 漫画:板垣巴留

  • BEASTARS(ビースターズ) 第75話ネタバレストーリー・あらすじ
  • BEASTARS(ビースターズ) 第75話ネタバレ感想・まとめ
  • BEASTARS(ビースターズ) 概要
  • BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

BEASTARS(ビースターズ) 第75話ネタバレストーリー・あらすじ

シシ組のボスとなったルイと遭遇するレゴシ。

タバコやライオンの匂いで薄まっているけど、ルイの匂いで間違いない。

シシ組は、レゴシを調べるかとルイに尋ねる。

ルイは、レゴシを庇う風もなく、好きにしろという。

シシ組は、レゴシにシシ組をかぎ回っていた理由を聞く。誰に雇われたのか。マダラ組か、ドク組か。

ハルを救出しにシシ組に突撃した時と髪型も変わっていて、バレていない。

レゴシは、一般人を装って、謝る。しかし、レゴシの尻尾がブンブンと激しく振りまくる。

【画像】ルイに出会って嬉しくて尻尾が勝手にふりまくるレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第75話 漫画:板垣巴留

【画像】ルイに出会って嬉しくて尻尾が勝手にふりまくるレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第75話 漫画:板垣巴留

嬉しくて尻尾を振るレゴシに状況がわかっているのかとシシ組はレゴシに怪しい目を向ける。

レゴシの意思も尻尾には大人しくしてほしいと思っているが、ルイに出会って嬉しいことが抑えられない。

ボスにガン飛ばしているのが気に入らないと、レゴシを殴るシシ組。

ルイは助けない。こんなところに出入りしているレゴシが悪いと思っている。

【画像】ルイは、以前肉を持ったレゴシを見て幻滅していた | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第75話 漫画:板垣巴留

【画像】ルイは、以前肉を持ったレゴシを見て幻滅していた | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第75話 漫画:板垣巴留

学校では、散々、正義と草食獣の味方ヅラしておいて、裏市に肉を買っていたのを見た。

ルイは恨んでいた。レゴシのような嘘つきがこの世で一番キライだと。

ルイは、レゴシの正体を確認するために、シシ組のメシに誘う。

レゴシはハルオと嘘の名前を名乗る。それよりもルイがどういうつもりでここに誘ったのかと考えを巡らせるレゴシ。

ルイは、偽名のハルオを受け入れ、ハルオに遠慮なく食えという。

裏市だから好きなだけ肉を食えという。

しかし、レゴシは拒否する。

レゴシは、オオギツネで油揚げしか食べられないという。

どこまで嘘を貫くきかと憤りを感じるルイ。

シシ組は、アカシカのボスだが肉を好むと笑う。ルイも共食い上等と肉を口に含む。

夜風に当たってるルイに、レゴシも店から出てくる。

ルイは、前のように殴れというも、レゴシは思いっきりルイを抱きしめた。

生きてて本当によかったと口にするレゴシ。

その時、レゴシの体から肉の匂いはしなかった。学園で使われているボディソープの匂いしかしなかった。

BEASTARS(ビースターズ) 第75話ネタバレ感想・まとめ

ルイは、レゴシがやっている肉座禅のことを知ったら、また感情が逆なでされるだろう。良い意味で。

LINEマンガ『BEASTARS(ビースターズ)』を読んで。

BEASTARS(ビースターズ) 概要

中高一貫のエリート学校・チェリートン学園内で、ある日演劇部の草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きる。テムと同じく演劇部部員であったハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。

BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。