キングダム 第605話ネタバレ感想『李牧の戦術の謎』

【画像】李牧の戦術の謎を解いた王翦 | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

【画像】李牧の戦術の謎を解いた王翦 | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

  • キングダム 第605話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第605話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第605話ネタバレストーリー・あらすじ

ソウオウの隊に王翦の勅命が下る。

敵の動きを探るために第四軍から一千騎を突撃させよ。

探りで一千騎は多いと感じるソウオウ。

シリョウに李牧の策に気をつけるように言って送り出す。

シリョウの圧倒的な武で突撃する。

コウハク軍に攻め込むシリョウ。李牧本陣から観戦するカイネは問題ないという。

想定以上の武に合わせ損ねただけで、すぐに通用しなくなるという。

【画像】創造以上の武でに合わせ損ねただけでコウハク軍は揺るがなかった | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

【画像】創造以上の武でに合わせ損ねただけでコウハク軍は揺るがなかった | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

シリョウの前に盾兵が並ぶ。

シリョウは、盾兵に剣を振り払う。

盾兵はシリョウの攻撃を受け流し倒れない。

何度、シリョウが攻撃しようとも、シリョウの攻撃を受け流す盾兵。

【画像】シリョウの攻撃も受け流す盾兵の練兵 | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

【画像】シリョウの攻撃も受け流す盾兵の練兵 | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

シリョウの動きが止まったことでソウオウは、援軍を送ろうとするもその前にコウハク軍がシリョウの部隊に対して分断攻撃を開始した。

ソウオウは援軍を送ろうとするも、その援軍も足止めを食らう。

【画像】ソウオウの対応策を事前に潰すコウハク軍 | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

【画像】ソウオウの対応策を事前に潰すコウハク軍 | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

デンリミは戦術の指示を躊躇っていた。大小戦術どれも通用しない。むしろ、裏目に出続けてる。

それを見た王翦は李牧の策が理解できた。

デンリミは、ソウオウたちを一度外に出し、全軍を一度下がらせるように命令する。かみ合ったままでは兵を失うだけだと。

後方から音が聞える。

王翦本軍一万が王翦自ら先陣にでてきた。

それに対し、ライハク軍が一万を出し、王翦軍に相対する。

ライハク軍もまたコウハク軍と同じ李牧の教えを受けた兵。

【画像】李牧の戦術の謎を解かない限りは勝てないと勝ち誇るフテイ | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

【画像】李牧の戦術の謎を解かない限りは勝てないと勝ち誇るフテイ | 引用元:キングダム 第605話 漫画:原泰久

李牧の戦術の謎を解かない限り、勝ち目はない。

デンリミもソウオウも王翦がどのような陣で敵とぶつかるのか興味津々だった。

しかし、その場の全員の予想や期待を裏切り、王翦は、何の陣も布陣せず、前進する。

キングダム 第605話ネタバレ感想・まとめ

李牧がコウハク軍、ライハク軍に施した戦術は、ただの「後の先」ではないか。ただのといっても精度の高い「後の先」だろうけど。

コウハク軍、ライハク軍にはありとあらゆる戦術、陣の対処法を叩き込まれている。デンリミやソウオウがどんな戦術を用いてもそれに対応する動きを予め用意しておく。そのためには、シリョウに対応した盾兵のような受けの強い兵も必要。

それを見抜いた王翦は、叩き込まれていない陣で戦おうとしている。何も布陣してこない戦いはないだろうと、「何も布陣しない敵に対処法」を李牧から伝授されていないと想定し、伝授されてなければ、対応する戦い方にもほころびが必ず出る。そこを突く作戦ではないか。

戦いを嫌う李牧が好みそうな戦い方。超がつくほどの攻めに特化した戦術ではなく、守り。それもできるだけ兵の損害を出さないための戦術。仕掛けてこなければ仕掛けない。そんな戦い方だろう。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。