アオアシ 第149話ネタバレ感想『福田が課した桐木の課題』

【画像】福田が桐木に課した課題 | 引用元:アオアシ 第149話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】福田が桐木に課した課題 | 引用元:アオアシ 第149話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 第149話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第149話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 第149話ネタバレストーリー・あらすじ

U-18の代表メンバーが発表され、自分が入っていないことに放心状態となる桐木。

桐木の落選の理由が言い渡される。

夏場のクラブ公式戦のすべてビデオで確認。全戦出場の疲労もあってか、気持ちが切れるような場面があった。疲労を考慮したということだと受け取る。今回はクラブに集中するようにと。

全戦でてる阿久津が選ばれてる。それでは桐木が納得しないだろう。

DFラインは1年生で形成する。朝利、竹島、橘もAに上げる。1年が多くベンチ入りする。

栗林については、ガルージャと話したら、二ヶ月という約束だったから返す。ただ船橋戦、そこだけ出せる。船橋戦を持って、栗林はトップに戻る。

いくら話しても桐木の耳にはコーチたちの言葉は届かない。

阿久津が、桐木と高杉を煽る。

【画像】桐木と高杉を煽る阿久津 | 引用元:アオアシ 第149話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】桐木と高杉を煽る阿久津 | 引用元:アオアシ 第149話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

「自分が代表に選ばれる」前提で話をすすめていたが、下だと思っていた奴に出し抜かれる。そういうところだという阿久津。

代表1回受かった落ちたで上も下もないと阿久津の煽りをとめようとする。勝ち点1を取って来いというも福田は勝て点3だという。

桐木に、未熟なチームをまとめ上げて勝てと監督命令を出す。勝たなければ、しばらく、桐木を使わないという。

菅原、竹島、朝利、橘がAに上がった報告を受けて喜ぶアシトたち。

益子は帰るという。セレクション組とスカウト組全員がAに上がった。昇格組のふがいなさが際立ってる。喜んでいる場合ではないという。

夜練も誘われたから何度かやってみたが意味があるように思えない。疲労だけがたまっていくのを感じるという。

木曜日は福田監督がきてくれてるというと益子は木曜日だけくるという。

温度差がでてくるのは仕方が無い。シーズンも山場で立場がはっきりとわかれてきた。遊馬は、アシトは極端だという。この二ヶ月、アシトが一番頑張った。間違いなく一番疲れている。そして、一万、夜練んも成果を身につけている。壁を前にすると愚直にやる。アシトの特訓の成果が楽しみだという遊馬。

桐木が帰るところに栗林が遭遇する。

栗林は、桐木はそんな顔もできるのかとすれ違う。

桐木は壁を殴って感情を露にする。

アオアシ 第149話ネタバレ感想・まとめ

桐木は、代表から落とされて、阿久津に煽られたら、クラブの結果なんてどうでもいいと思うだろう。

そこに、勝ち点3をとらなければ、しばらく使ってもらえないという監督命令。

桐木の苛立ちは、チームの1年生に降りかかってくるんだろうな。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。