1日外出録ハンチョウ 第52話ネタバレ感想『空前の筋トレブーム』

【画像】筋肉の肥大で、態度も肥大していった | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第52話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

【画像】筋肉の肥大で、態度も肥大していった | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第52話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

  • 1日外出録ハンチョウ 第52話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 1日外出録ハンチョウ 第52話ネタバレ感想・まとめ
  • 1日外出録ハンチョウ 概要
  • 1日外出録ハンチョウを連載している『週刊ヤングマガジン』について

1日外出録ハンチョウ 第52話ネタバレストーリー・あらすじ

地下強制労働施設。

今、地下は空前の筋トレブーム。

ことの発端は一月前の小田切が上映した映画『ロッキー』。

【画像】小田切の映画『ロッキー』上映会で筋トレブームが到来 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第52話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

【画像】小田切の映画『ロッキー』上映会で筋トレブームが到来 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第52話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

始めは、声モノマネをする程度の影響しかなかったが、2、3、4と小田切が執拗に続編を上映するにつれ、次第に影響されはじめる。

ロッキー1の片手腕立て伏せをする者、両足にヒモをつけてシャドーする者、果ては5段ベッドを利用して、ロッキー4の腹筋をする者まででてきた。

【画像】スタローン真似をして筋トレをし始めるものが続出 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第52話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

【画像】スタローン真似をして筋トレをし始めるものが続出 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第52話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

石和は、大槻に胸板が厚くなったと思わないかと感想を求めてくる。

しかし、大槻は、物販の新商品の荷下ろしをやったのかと聞く。石和はまだだと荷下ろしに向かう。

大槻は、地下で筋トレなんかしてどうなりたいんだと苛立ちを募らせる。

大槻は、そういうブームが起きたら起きたでできることをするだけだと企む。

大槻は、筋トレしている者にただ闇雲に筋トレするだけではダメだという。

スタローンのようなでかい筋肉を手に入れることはできないという。

足りないのは筋トレではなく、食事だという。地下の出される細い食事では、筋肉増量に必要不可欠なタンパク質やアミノ酸が足りないという。

そこで、プロテインを差し出す大槻。試供品だからカネがとらないという。

大槻は、物販の商品を筋トレブームに合わせて、地下プロテインを提供する。

筋肉増量に必須のタンパク質はもちろん、ビタミンB1やビタミンB2を豊富に配合したプロテイン。バニラやバナナなどの様々なフレーバーを用意。100g8000ペリカで売り出すと飛ぶように売れる。

プロテインだけではなく、ゆで卵やサラダチキンなど筋トレ向きの食材を高値で売りつけ、荒稼ぎする。

沼川や石和も商品を購入する。

数ヵ月後、沼川や石和の筋肉は増大していた。二人だけではない。気付けば、大槻の周りは圧倒的な筋肉を持つ男たちで溢れていた。

【画像】石和はサイコロを握り砕ける筋力をつける | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第52話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

【画像】石和はサイコロを握り砕ける筋力をつける | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第52話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

地下労働の作業を筋トレに利用しだしたり、石和にいたってはチンチロのサイコロを握りつぶす。

さらに、筋肉肥大にともなって態度も肥大している。大槻は孤立していた。

小田切に相談すると、困っているという。そろそろ潮時だろうと小田切もスタローンの上映をやめて違うのにするという。それに合わせて、大槻も物販を改める。

しかし、効果なし。

1日外出録ハンチョウ 第52話ネタバレ感想・まとめ

ロッキーではそういう気持ちにはなったことないけど、ジャッキー・チェンの映画をみると似たようになる。

娯楽もなく、ストレス発散する場もない地下では、筋トレはいいかもしれないけど、やっているうちは筋トレでエネルギーを発散するからいいけど、ブームが去ったあと、筋肉をもてあまして、ストレスが発散できなくなって暴れるやつがでてくると厄介。

週刊ヤングマガジン『1日外出録ハンチョウ』を読んで。

1日外出録ハンチョウ 概要

福本伸行の代表作『賭博破戒録カイジ』に登場するハンチョウハンチョウ大槻を主人公としたスピンオフ作品。同シリーズ内では『中間管理録 トネガワ』に続く第2弾。普段は地下労働施設で働くハンチョウハンチョウ大槻が1日外出券を使い、地上でのグルメや旅行に興じる様子が描かれている。なお『週刊ヤングマガジン』での連載開始告知のページには「理外の飯テロ漫画」と記されていた。時系列は『賭博破戒録カイジ』第1巻でのカイジが地下労働施設に入る前に当たるが原作が90年代を舞台にしていたのに対し、本作は連載時点での現代(2010年代)を舞台にしている。『中間管理録 トネガワ』同様に本編に似せた絵柄で描かれている。

1日外出録ハンチョウを連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。