【最新話】アオアシ 第182話ネタバレ感想『アシト流マンマーク』

【画像】アシト流マンマーク | 引用元:アオアシ 第182話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】アシト流マンマーク | 引用元:アオアシ 第182話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 前号までのあらすじ
  • アオアシ 第182話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第182話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 前号までのあらすじ

トリポネと二原という超高校級FWを擁する船橋学院。序盤は見事な連携で船橋を抑えたエスペリオンだが、それを見たトリポネと二原はすぐさま「ワイドに開く」という次の手を打つ。それに対抗すべく、二人にマンマークをつけることに。二原にはアシトがつくことになって…。

アオアシ 第182話ネタバレストーリー・あらすじ

二原を自分が抑えると阿久津に頼むアシト。大友は、プレミア初スタメンでいいとこないと悔やむ。二原は踏み出して三歩目でトップスピードであの体型だと当てても止まらないと嘆く。

そんな二原をマークするアシトを見る大友。

アシトは自分なりのマンマークを考えていた。

花は、アシトの目が生きてるから大丈夫だという。

ルーズボールを追う松永。しかし、二原に体当たりされてボールを持っていかれる。ガタイのいい松永でも二原には敵わない。

トリポネには富樫がマンマーク。二原にはアシトがマンマークをする。

もう一度、振り切って、一年の心をへし折る。

【画像】もう一度振り切ってアシトの心を折れと二原に願うコーチ陣 | 引用元:アオアシ 第182話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】もう一度振り切ってアシトの心を折れと二原に願うコーチ陣 | 引用元:アオアシ 第182話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

二原は、鼻歌を歌いながらアシトを見る。

トリポネのほうにはガタイのいい富樫がついている。切り崩すのは二原のほうからだと考える船橋学院。

アシトは、まず二原の動きにだけ気を配って粘り強くついて回る。

身を当ててこようとする時は、かわす。ラグビーをやってるわけじゃない。まともに受けることはない。とにかく二原が行きたい方向について邪魔して回る。

空中から旋回して、重戦車を見張ってるプロペラ機。決して離れない。

マンマークの基本は、泥臭く粘り強く。なんとしても離れず、ウロチョロして回る。原始的なサッカーの見本のようなプレー。アシトはそれを狙っていると考えるコーチ陣。それだけでは二原を止められないだろうと考える。

【画像】プロペラ機のように旋回して二原から離れないアシト | 引用元:アオアシ 第182話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】プロペラ機のように旋回して二原から離れないアシト | 引用元:アオアシ 第182話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

二原は、切り替えしからのトップスピードでアシトを振り切り、ボールを要求する。チームメイトが二原の要望に応えパスを出す。

しかし、二原の予想に反して、嫌な位置に大友がいた。

アシトの合図とともに大友は二原に詰め寄る。前後からの攻めで、大友にボールを奪われてしまう二原。

【画像】アシトを振り切ったと思ったら大友に邪魔される二原 | 引用元:アオアシ 第182話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】アシトを振り切ったと思ったら大友に邪魔される二原 | 引用元:アオアシ 第182話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

万遍なく見えていたフィールドの全員の動きを、二原に絞ることで、予測範囲を広げた。あとはしつこくついて回り、味方(主に大友)の位置を確認し、アイコンタクトや細かなコーチングをしながら徐々に二原の進むルートを限定していった。

最後に二原が振り切ってきたときにはすでに罠のなか。アイコンタクトだけで意図を汲み取ってくれる大友。小回りの効く小型戦車。プロペラ機と小型戦車で重戦車をとめる。これがアシトのマンマーク。

できるなら最初からやれと内心毒つく阿久津。

クリアボールは船橋学院に渡ったが、指示を無視してボールをトリポネにパスしてしまう。

トリポネは、ゴールを背にしてボールを受けた瞬間、振り向きザマにシュートを放つ。

しかし、ゴールキーパー正面で難なくキャッチ。

その時、船橋学院の監督は「いかん」と声を漏らす。ゴールキーパーは、栗林にパスを出し、受け取る栗林。

船橋学院の監督は、エスペリオンの理想の形に入られたかと危惧する。

アオアシ 第182話ネタバレ感想・まとめ

二原もトリポネもこれでは終わらないだろう。

栗林がここで1点を取る。平を出すだろうから、1点では交代しないだろう。2点?でも取りすぎか。1点で平に交代するか、それとも怪我人がでて交代になるか。今、守備がうまく噛み合った状態だから、無理に平を入れる必要もないから、まだ先だろうな。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。