アオアシ 第155話ネタバレ感想『小早川と秋山の超先輩力』

【画像】小早川と秋山を本当にすごい先輩だと認識するアシトたち | 引用元:アオアシ 第155話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】小早川と秋山を本当にすごい先輩だと認識するアシトたち | 引用元:アオアシ 第155話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 第155話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第155話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 第155話ネタバレストーリー・あらすじ

プレミアリーグにセーフティなクリアなんて狙われて当然。このレベルのリーグに通用しない。危険なところも狙ってパスしてようやく前で収まる。守って終わりじゃない。守備は攻撃の起点になるところまでやるんだと叱咤する富樫。

【画像】守備は攻撃の起点になるところまでが仕事だと朝利と竹島に教える富樫 | 引用元:アオアシ 第155話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】守備は攻撃の起点になるところまでが仕事だと朝利と竹島に教える富樫 | 引用元:アオアシ 第155話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

富樫に怒鳴られた朝利と竹島は、声がでかいというも手を挙げ、富樫の意見を受け入れた。

アシトは富樫の背中を押して、ベンチを見させる。

福田がよく言ったと富樫に手をあげる。望も富樫を褒める。

Aで試合に出られない間も必死で考えて成長したのだろうと。

アシトは、口でいうほど簡単じゃないという。前につなぐということは最後のパスの精度をあげるということか。

富樫とアシトが、前にパスを出すことに悩んでいたら、キーパーの秋山がDFラインの四人に縦の距離も意識していこうとアドバイスを投げる。

VANSのようなマンパワーが優れているならセオリーは「味方同士がコンパクトな距離間で守る」これに尽きる。敵一人に対し、二人で対応できる。拾いスペースでキーマンを自由させない。いいことずくめ。DFラインの四人は「横の距離間」はすごくいいと褒めちぎったところで、次は縦だという秋山。GK、MF、FWともコンパクトな距離間。そうすればもっと守りやすくなるし、攻撃もスムーズになる。

【画像】縦の距離間を意識して今まで通り自由にやれという秋山 | 引用元:アオアシ 第155話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】縦の距離間を意識して今まで通り自由にやれという秋山 | 引用元:アオアシ 第155話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

俺と小早川でバランスをとるから安心してやれ、今の調子で自由と指示を出す秋山。

アシトは、秋山に言われて気付いたが、小早川は後ろに下がってほとんど5バックの位置だった。不慣れな一年をいつの間にかカバーしてくれてる。

ゴール前にボールを落とされても遊馬を走らせ壁にし、その間にボールをキャッチする秋山。

栗林は、秋山と小早川を器用だと褒める。もっと早くに縦の意識をコーチングできたはずなのに、ここまであえて自由にやらせた。1年生のDFの「横の距離間」は素晴らしいのに「縦の距離間」の意識が低かったのは一目瞭然だった。経験のない一年生のため。バランスを崩させたくなかったのだろうと考える。

何も言わず、未熟なアシトたちをカバーしてくれる、小早川と秋山がいるチームは最高だと思うアシトと富樫。

朝利と竹島も指摘されて、意識を切り替える。

奪ったボール持って、前に進む朝利。前に持ってきた朝利。酒井に詰められる。パスコースも塞がれる。小早川は戻せと朝利に指示を出す。

いままで出したパスはカットされている。どこにパスを出せばいいか迷っているところに、富樫が声をかける。

富樫にパスを出すと、富樫は、ノートラップで前の桐木にパスを出す。

桐木のボールを後ろから追うVANS。さらに前からVANS選手が桐木に詰めてくる。

桐木は、フェイントをかけて、あっさりと前からきたVANSを抜く。行かせまいと足を引っ掛けるVANSだが、桐木はその足をしのぎ、転倒せずに抜き去る。

【画像】華麗なフェイトで敵を抜く桐木 | 引用元:アオアシ 第155話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】華麗なフェイトで敵を抜く桐木 | 引用元:アオアシ 第155話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

アオアシ 第155話ネタバレ感想・まとめ

小早川と秋山。最高にいい先輩ではないか。カッコよすぎる。後輩の熟練度を見て、未熟なところを黙ってカバー。期がきてからアドバイス。なんて理想の先輩なんだ。

こんな先輩だったら、もし、きついことを言われたとしても、ふてくされずに真摯に受け止められそう。信頼関係が築けているからだろう。

キャプテンは、小早川でよかったんじゃないか?

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。