アオアシ 第159話ネタバレ感想『東京VANS戦前半終了』

【画像】守れていたと思っていたDFラインを突破されるようになって放心するアシト | 引用元:アオアシ 第159話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】守れていたと思っていたDFラインを突破されるようになって放心するアシト | 引用元:アオアシ 第159話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 第159話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第159話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 第159話ネタバレストーリー・あらすじ

フォーメーションが崩れているのに気付く前に勝負を決めさせてもらう。

東京VANSはエスペリオンの穴をついて、酒井がシュートを放つ。

秋山がなんとか飛びつき、ボールを弾く。

弾いたボールをなんとか身体で抑える秋山。突っ込んできた東京VANS選手の足が当たる。

あっさりと抜かれたことに呆然とするアシト。

あの局面作られてる時点でDFとしては完全に負けたという。

その後もアシトたちDFラインはズタズタだった。一方的に攻められつづけている。望は、ショックが大きいのだろうと推察する。秋山が竹島をコーチングするも反応が遅れる。

酒井に張り付く富樫は、酒井のプレイに圧倒されていた。ドリブル、切り返し一点突破どれをとってもまともなレベルではない。

さっきのシュートを打たれたのはアシトが大外のコースを空けたからだと反省する。しかし、富樫は、アシトだけではなく自分が追いついていたのに撃たせた時点でセンターバックとして負けだと非を認める。

辰巳の切り返しで抜かれシュートを打たれる朝利。

辰巳のシュートはゴール枠から外れた。

前半終了のホイッスルが鳴る。

望は、DF四人のショックは相当なもの。特にBから上がってきた朝利と竹島はこのままでは自信を完全に喪失してしまう。監督して、手ほどきをしてやってくれと福田を見つめる。

無失点でプレミアリーグ前半戦を折り返したことを褒める。1年生の手ごたえを聞く。

【画像】心が折れていない竹島と朝利 | 引用元:アオアシ 第159話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】心が折れていない竹島と朝利 | 引用元:アオアシ 第159話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

朝利はスタメンに選んでくれてありがとうございますと感謝する。竹島もやられているのにと謝っておいて、自分をぶつけさせてくれる試合はなかったと前向きに見る。プレミアリーグに出てよかったと。

望の予想を裏切り、朝利も竹島も自信喪失してなかった。

アシトは、ハーフタイムは15分しかないから4人で話し合うぞと言い出す。

そこに、秋山が、小早川と俺もDFラインの話に加えてくれと言い出す。予想外の提案に目を点にするアシトたち。

【画像】DFライン会議に小早川と自分を混ぜろという秋山 | 引用元:アオアシ 第159話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】DFライン会議に小早川と自分を混ぜろという秋山 | 引用元:アオアシ 第159話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

アオアシ 第159話ネタバレ感想・まとめ

ゼロ点に抑えて、前半戦を終了できたから、ここで作戦を立てて、フォーメーションが崩れていることに気付けば、後半戦は戦えるだろうけど、気付くかどうか。選手が気付かなくても福田監督はもう気付いていてそうだけど。自分たちで見つけないと成長しないからいわないという選択もあるかもしれない。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。