アオアシ 第160話ネタバレ感想『サッカー観がひっくり変える戦術とは』

【画像】サッカー観がひっくり返る戦術 | 引用元:アオアシ 第160話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】サッカー観がひっくり返る戦術 | 引用元:アオアシ 第160話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 第160話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第160話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 第160話ネタバレストーリー・あらすじ

DFラインの作戦会議に秋山と小早川が加わる。

秋山は、DFだけでどんな話をしようとしたのかと聞く。

アシトは、うまく守れていたはずだったのに、前半終了間際でいきなり崩れた。理由はわからないが、突きつめるしかない。うまく守れていた時間もあった。だから全部を変える必要はないと考える。

そこを踏まえての修正というと秋山は乗ったと返す。

小早川は福田監督も呼ぶ。

桐木は一人で休憩している。辰巳を睨みつけて。

敵のサイドチェンジからの流れでどうしてここまで混乱したのか。

秋山は、問題はサイドチェンジよりももっと前だという。あれより前にフォーメーションは崩れかかっているという。

秋山は、「縦とのコンパクトな距離間」が真の意味でできていなかったという。

秋山の助言を額面通りにやった。いうタイミングが早過ぎたかと反省する秋山。

「味方同士の距離をつめれば、それだけで守れる」どんどんそんなプレーになっていった。

その結果、DFラインは気付かぬうちに、どんどん前かがりになり、崩れていった。

それを自覚していないDFラインに虚を突いたVANS。それがサイドチェンジ。あれはいつものDFラインだったら防げた。だが自慢の「横」の連携も崩れた陣形の中で失われていた。そのショックを、前半終了まで引きずったという。

富樫はどうしたらいいと実直に聞く。

ただ詰めればいいという意識を今すぐ消すこと。守備はケースバイケース。相手のレベルが高いほど状況はめまぐるしく変わる。「適正な距離間」もそのつど変わる。それを踏まえて「真の意味でのコンパクトな守備」を身につけてほしいという小早川。

その都度、考えろというのは自分たちでは無理だとアシトが発言するも、小早川は、この二ヶ月間、それをやってきたんじゃないのかと聞く。

横の連携は素晴らしい。あれをどうやっているのかを思い出せという小早川。

小早川は、前半、一度でも小早川や秋山にマトモな要求をしたかと問う。対等の立場でコーチングやアイコンタクトをしたかと。連携の必須条件だという小早川。

先輩相手に引いていた。しかし、それではダメだ。対等にプレーしてこい。それでこそ、適正な距離間が生まれるという小早川と秋山。DFライン四人でできていることをどうして、小早川や秋山にしない。ロープ練でつなげた連携力を、そのロープ、前の小早川たちにつなげるくらいの気持ちで来いという。

前半にこれを聞いたとしても理解できなかったと考えるアシト。

二ヶ月の成果を自由に試させてもらい、失敗もして、だからこそ今「本当の意味」で理解できた。

前半からガンガン指示を出していた富樫だけ共感できなかった。

福田がイイ話をしてくれたと小早川たちを褒める。

福田は、アシトたちに「コンパクトに守る」という本当の意味はわかるかと聞く。

【画像】コンパクトな守りはボールを奪いにいくための準備だという福田監督 | 引用元:アオアシ 第160話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】コンパクトな守りはボールを奪いにいくための準備だという福田監督 | 引用元:アオアシ 第160話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

すべてはボールを奪いにいくための準備。

今からいう戦術を、後半開始から実戦しろという福田監督。

嵌れば、特に1年生のサッカー観がひっくり返るという。

顔を洗いにきた桐木に声をかける栗林。

栗林は、今日の試合に負けたら、桐木が戦犯になるという。

【画像】桐木に負けたら戦犯になると警告する栗林 | 引用元:アオアシ 第160話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】桐木に負けたら戦犯になると警告する栗林 | 引用元:アオアシ 第160話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

アオアシ 第160話ネタバレ感想・まとめ

桐木が遊馬や松永を切り捨ててるのに気付いて、一応助言しにきたのか。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。