【最新話】BEASTARS(ビースターズ) 第135話ネタバレ感想『メロン逮捕を志願するレゴシ』

【画像】ゴーシャの攻撃を回避するヤフヤ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第135話 漫画:板垣巴留

【画像】ゴーシャの攻撃を回避するヤフヤ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第135話 漫画:板垣巴留

  • BEASTARS(ビースターズ) 前号あらすじ
  • BEASTARS(ビースターズ) 第135話ネタバレストーリー・あらすじ
  • BEASTARS(ビースターズ) 第135話ネタバレ感想・まとめ
  • BEASTARS(ビースターズ) 概要
  • BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

BEASTARS(ビースターズ) 前号あらすじ

幽体離脱という不思議な体験の中で、お互いを想いを伝え合うことができたレゴシとレアノ。母子の愛はどんなに時が経っても変わることなくそこにあった。一方、レゴシの容態をヤフヤから伝えられたゴーシャはかつての友へ怒りを露にし!?

BEASTARS(ビースターズ) 第135話ネタバレストーリー・あらすじ

ゴーシャは孫のレゴシを傷つけられて、ヤフヤに怒りをぶつける。

ゴーシャの気迫を見て、もう老いぼれたかと思ったと返すヤフヤ。

家族愛のことを知らなさ過ぎるというゴーシャ。

ゴーシャはヤフヤに飛び掛る。

ヤフヤはゴーシャの下にもぐりこみ、尻尾を掴み蹴り上げる。

ヤフヤは、一度きりの手伝いで、ゴーシャの戦闘力を受け継いでいるなら間違いないと弁解する。ゴーシャは、自分の血を受けづいているなら、なおさらレゴシを戦わせたくなかったという。

その時、看護師が現れ、レゴシのことを伝える。容態が悪化したのかと青ざめるゴーシャだったが、レゴシは置手紙を置いて病室から消えていた。内臓の損傷もひどいから歩いて出かけれ容態ではないという医師。

レゴシはディープナイトにきていた。

満月の夜は月のパワーは満ちて、月の引力も一ヶ月の中最も強くなる日。

それに伴って、獣たちの体も栄養や水分を吸収しやすくなるため、大人も子供も満月の夜は自分の肉体を労わる活動をする。

ディープナイトと呼ばれる滋養強壮に特化した出店が並ぶ市場。

母親がパワーをくれたのは、祖父の免疫力の遺伝なのか。それとも満月の力なのかわからないが、レゴシはディープナイトで体を労わるつもりだった。

牛乳を飲み、煮込みそうめんを食べる。

【画像】母親に感謝するレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第135話 漫画:板垣巴留

【画像】母親に感謝するレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第135話 漫画:板垣巴留

食べ物を口にすると、生きている実感が湧いてくる。母親に感謝を伝えたか思い出す。

母親の言葉を思い出して感慨に浸るレゴシ。

その後、レゴシはヤフヤの元に戻る。

メロンを逃がしたことを謝罪し、もう一度メロン逮捕の責任を取るという。

ヤフヤはレゴシのと契約は解除だという。

【画像】メロン逮捕を志願するレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第135話 漫画:板垣巴留

【画像】メロン逮捕を志願するレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第135話 漫画:板垣巴留

しかし、レゴシは、契約料を昨夜使い込んでしまったので解除できないと言い張る。レゴシが使ったのは700円くらいだけど。

BEASTARS(ビースターズ) 第135話ネタバレ感想・まとめ

ハーフで苦しんでなくなった母親知っているから、ハーフのメロンをどうしても救いたいと想っているのだろう。

でもどうやって救うのか。話すだけでは、先天性のものの悩みは、そう簡単には覆せない。

LINEマンガ『BEASTARS(ビースターズ)』を読んで。

BEASTARS(ビースターズ) 概要

中高一貫のエリート学校・チェリートン学園内で、ある日演劇部の草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きる。テムと同じく演劇部部員であったハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。

BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。