キングダム 第606話ネタバレ感想『李牧の謎の戦術を読み解き、自分もパワーアップする王翦』

【画像】ヒョウコウの戦いから本能型の戦い紐解いた李牧 | 引用元:キングダム 第606話 漫画:原泰久

【画像】ヒョウコウの戦いから本能型の戦い紐解いた李牧 | 引用元:キングダム 第606話 漫画:原泰久

  • キングダム 第606話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第606話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第606話ネタバレストーリー・あらすじ

王翦本陣1万が陣形も展開せず、そのまま前進し、李牧軍に向かう。

その思惑は味方の将軍たちからも困惑する。

歩兵の行軍が遅くなった。

何かを仕掛けてくるかと待ち構えるライハク軍。

しかし、王翦軍は陣形をそのままにライハク軍にぶつかっていった。

デンリミは王翦の戦い方は無茶だと感じる。今の李牧軍とまともにやりあっては王翦の兵とて勝ち目はないと考える。

しかし、デンリミもソウオウも自分の予想していた戦況にならないことに気付く。

陣形をとらない王翦軍の被害は甚大になると考えていたが、ほぼ互角の戦いを展開する。

李牧兵が戦術を発動せずにそのまま戦っていることを奇妙と感じるデンリミ。

王翦軍の戦い方は単純すぎて、普通の軍ですら負ける戦い方なのに、なぜか互角に戦っている。

デンリミとソウオウはやっと気付く。

「なにもしていない」から互角なのだと。

王翦は李牧の戦術は「起こり」を利用したものだという。

【画像】李牧の戦術の謎は「起こり」という王翦 | 引用元:キングダム 第606話 漫画:原泰久

【画像】李牧の戦術の謎は「起こり」という王翦 | 引用元:キングダム 第606話 漫画:原泰久

手でものを掴む時、手を動かす。ほぼ同時だがわずかに先に肩が動く。もっというと対となる腰に力が発してる。それが「起こり」。軍にもその「起こり」があるという。

武を極めると「起こり」を察知し、相手の動きを読む。読めば、敵の技は通じず、さらに返しの技を出せる。

運の戦いでの「起こり」はたしかに理屈では分からぬ。その「起こり」を感覚的に捉えて戦っている連中は昔からいる。敵兵の表情や集団の重心などからそれを読み取る。本能型の武将。

【画像】起こりは本能型の武将が読み取っているという王翦 | 引用元:キングダム 第606話 漫画:原泰久

【画像】起こりは本能型の武将が読み取っているという王翦 | 引用元:キングダム 第606話 漫画:原泰久

本能型の極みにいたヒョウコウと李牧は一度戦っている。

李牧はその一戦から本能型の戦いの仕組みを研究し読み解き、元々知略型だった自らの兵団に叩き込んだ。本能と知略を併せ持つ異種混合軍を作り上げた。

王翦は、李牧が自分と同じ怪物だと認めざるを得ないという。

ライハクは、こちらから仕掛ければいいだけだと、戦術を用いて攻めに転じる。

王翦も戦術を兵に伝える。

何の陣形もとっていなかった王翦軍が逆にライハク軍を圧倒する。読んで合わせた。

王翦は、今回の動きで、「起こり」はわかると理解する。

キングダム 第606話ネタバレ感想・まとめ

ヒョウコウの一戦で本能型を紐解いた李牧も怪物なら、この状況で「起こり」を見抜けるようになる王翦もまた怪物。刻一刻と成長している。

本能型のヒョウコウは火の起こしどころを探るべく、無茶な突進をしていたが、ノーガードで相手に突っ込むのも手の一つで「起こり」がわかりやすいのだろう。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。