【最新話】六道の悪女たち 第147話ネタバレ感想『桃子に告白する椰子谷』

【画像】付き合ってくれるならいい子になるという椰子谷 | 引用元:六道の悪女たち 第147話 漫画:中村勇志

【画像】付き合ってくれるならいい子になるという椰子谷 | 引用元:六道の悪女たち 第147話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 前号までのあらすじ
  • 六道の悪女たち 第147話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第147話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 前号までのあらすじ

危険な不良たちがクロムサムに集結していることを知った六道。総長・野玄の暴走を食い止めることを決意するが…一方、野玄自身は惚れた椰子谷の命令を聞くことしか興味がないようで…!?

六道の悪女たち 第147話ネタバレストーリー・あらすじ

野玄は自分を潰すといっていたことは本気かと桃子に凄むも、椰子谷が桃子に絡むなと注意する従う野玄。

椰子谷は桃子に話があると連れ出す。

クロムサムのメンバーは、岡森の女じゃないのに針蔵はくるのだろうかと聞くと、桃子は雷乃の女だから問題ないだろうという。雷乃が動けば、針蔵は必ず動く。頭下げてでも幼田小百合を連れてくるだろうと。

風乃から電話がある雷乃。

風乃に六道がクロムサムに連れ去られたことを伝えると、それを聞いていた乱奈の唸る声が聞える。

風乃は第三倉庫に向かうといって電話が切れる。

椰子谷は、男はどうでもよくなったという。

【画像】男のことを堅い宝石箱を壊して開けると中の宝石まで壊れてると表現する椰子谷 | 引用元:六道の悪女たち 第147話 漫画:中村勇志

【画像】男のことを堅い宝石箱を壊して開けると中の宝石まで壊れてると表現する椰子谷 | 引用元:六道の悪女たち 第147話 漫画:中村勇志

強い男が好きで、まるで堅い宝石箱にはいってるみたいで壊さないと愛が見えない。だから箱を壊すんだけど、いつも中の宝石まで壊れちゃう。

でも桃子は違う。最初から箱は開いていて、待っていてくれたように感じたという。

椰子谷は桃子に付き合ってと告白する。

【画像】桃子に告白する椰子谷 | 引用元:六道の悪女たち 第147話 漫画:中村勇志

【画像】桃子に告白する椰子谷 | 引用元:六道の悪女たち 第147話 漫画:中村勇志

桃子が自分のところに来てくれるなら、全部やめるという。針蔵を襲うことも、男を虐めることも、六道のことも、ないもかもやめていい子になるという。

六道が椰子谷の気持ちに応えれば、クロムサムは止められて、全て解決。その後は、男の姿に戻れば、六道は逃げられる。

皆を守るために椰子谷を騙していいのかと考える六道。

桃子が答えを出す前に、亞森がきたと報告を受ける。

六道の悪女たち 第147話ネタバレ感想・まとめ

乱奈が乱入してきて、桃子をみたら、乱奈も椰子谷のように「桃子が好き」となるのだろうか。それとも桃子を見て「女装する六道くんも好き」と正体すらも見破るのか。

週刊少年チャンピオン『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。