彼岸島 48日後… 第209話ネタバレ感想『うぶめに苦戦する明』

【画像】刀の柄でガードする明 | 引用元:彼岸島 48日後… 第209話 漫画・松本光司

【画像】刀の柄でガードする明 | 引用元:彼岸島 48日後… 第209話 漫画・松本光司

  • 彼岸島 48日後… 前回までのあらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第209話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第209話ネタバレ感想・まとめ
  • 彼岸島 48日後… 概要
  • 彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

彼岸島 48日後… 前回までのあらすじ

バンパイアウイルスがまかれ、ほとんどの人間が吸血鬼と化した日本。人間たちの希望・明は吸血鬼の首領・雅を倒しに上野を目指していた。その道中、明は敵に捕まった勝次が、東都ドームにいることを知る。明は勝次を救うためドームで行われている武闘会に参加。そして、ついに決勝まで勝ち上り、強敵・うぶめと対戦。二本持っていた刀のうち、一本は折られ、残り一本もヒビが入ってしまった。

彼岸島 48日後… 第209話ネタバレストーリー・あらすじ

うぶめの矛の柄部分で、刀を止められ、刀の刀身にヒビがはいる明。

うぶめの強さを再認識する。

明は、迷っていた。ヒビが入った刀でどうやって戦えばいいのか。

うぶめは矛の三叉の刃の部分を飛ばしてくる。明はそれを真上のジャンプで避ける。

うぶめは、矛を手前に引く。

伸びた刃の部分が戻ってくる。明は振り向き、戻ってくる刃部分を刀で防御しようとする。

刀が折れてしまう。明は刀身ではなく、刀の柄の部分で刃を受け流す。

なんとかうぶめの攻撃を凌ぐ明。

うぶめはジャンプし、真上から明を攻撃。

【画像】近距離で飛び道具を使ううぶめ | 引用元:彼岸島 48日後… 第209話 漫画・松本光司

【画像】近距離で飛び道具を使ううぶめ | 引用元:彼岸島 48日後… 第209話 漫画・松本光司

転げた明にまた刃を飛ばしてくる。明は伏せて避ける。

うぶめの攻撃で電流が流れていた囲いが破壊される。

うぶめがクチバシ攻撃を仕掛けてくる。

明は、後ろに避け、壁にうぶめが激突するように回避した。

壁に激卒したうぶめ。

しかし、うぶめはダメージゼロで、壁に穴が開く。

うぶめが良く逃げる狐だと壁からくちばしを引き抜く。

明の近くに武器が置いてある机があった。

明は武器に手を伸ばすも、うぶめの刃が真上から飛んでくる。

武器が置かれた机が破壊される。

明は、観客席に逃げた。

うぶめは、観客席目掛けて、攻撃。辺り一帯を破壊する。

吸血鬼がのたうちまわろうがうぶめには関係ない。

彼岸島 48日後… 第209話ネタバレ感想・まとめ

電流で囲ったリングが破壊されて、壁にうぶめを激突させるのはいいけど、壁までジリジリと下がるような描写もなく、明のダッシュで壁まで行き、直前でうぶめのクチバシを避けたのだろうか。

うぶめと明の体の大きさ。明の体、小さすぎない?

【画像】壁に激突するうぶめ | 引用元:彼岸島 48日後… 第209話 漫画・松本光司

【画像】壁に激突するうぶめ | 引用元:彼岸島 48日後… 第209話 漫画・松本光司

週刊ヤングマガジン『彼岸島 48日後…』を読んで。

彼岸島 48日後… 概要

『彼岸島』『彼岸島 最後の47日間』につづく3rdシリーズの幕が上がった!
雅によって吸血鬼ウィルスがまかれ、日本が血に飢えた化け物の国となってしまった。生き残った人たちは、いつ襲って来るかわからない吸血鬼に怯え、暮らしていた。そんな中、人間たちの間である男の噂が流れる。
「吸血鬼どもを斬りまくるとてつもなく強い男がいる」と‥‥。
果たして人間たちに吸血鬼どもを駆逐する逆襲の一手があるのか!?
新たな戦いが今、始まる!!

彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。