ふたりソロキャンプ 第19話ネタバレ感想『焚き火の禁断症状』

【画像】雫の袴姿 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

【画像】雫の袴姿 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

  • ふたりソロキャンプ 前号までのあらすじ
  • ふたりソロキャンプ 第19話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ふたりソロキャンプ 第19話ネタバレ感想・まとめ
  • ふたりソロキャンプ 概要
  • ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

ふたりソロキャンプ 前号までのあらすじ

雫との「ふたりキャンプ」を終えて、自宅へ戻った厳。しかし、迎えた次の朝は何故か調子が悪そう?別れ際に雫に言われたコトバのせいか、はたまた別の原因か…。

ふたりソロキャンプ 第19話ネタバレストーリー・あらすじ

厳は、布団から這い出ると「もう限界だ」と呟く。

厳は、焚き火がしたくてしたくてたまらない。焚き火の禁断症状。

【画像】キャンプが出来ずに限界にくる厳 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

【画像】キャンプが出来ずに限界にくる厳 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

厳は、必要なものを用意して、新アイテムもしっかり入れて出かけようとする。

その時、雫からメッセージが飛んでくる。

厳は、自転車で近場の川原に行く。

薪となる木を集め、さっそく焚き火に取り掛かる。

仕事などが重なり、丸々二週間キャンプができなかった。せめて、一日休みに川原で焚き火を楽しもうとやってきた。

デイキャンプでもよかったが、近場で焚き火もいい。

焚き火台をセットし、乾いた小枝を適当な長さに折り、焚き火台に並べていく。

そして、チャッカマンで点火。燃え上がる炎。

コンビニで買ってきた焼肉を軽く炙って、自転車できたのでノンアルビールを開けて食べる厳。

コンビニの焼き鳥でも美味い!

今回は、小さなテーブルを持参。缶ビールと小物が置ける程度の小さな簡易テーブルだが、広さの十分でシンプル。なにより、軽さが厳好み。

前から気になってたテーブルを買ってしまった。前のテーブルは五徳だから今後も使う。テーブルひとつとっても千差万別。

【画像】ギアの沼 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

【画像】ギアの沼 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

キャンプがいけない時ほど、新しいギアに手を伸ばしてしまう。キャンプ欲をギアを買うことで発散し、早くギアを使いたくて悶々とする負のスパイラル。一度、ハマれば這い上がれぬギアの沼。

焚き火から、新アイテムを取り出し、冷めるのをまってと、真ん中に穴を開ける。いざというときに役に立つからと。

その時、厳を呼ぶ声。

振り向くと、着物姿の雫が立っていた。

短大の卒業式で、袴可愛くないかと意見を求める雫。いけそうな距離だったから厳に袴姿を見せにきたという。

呆然とする厳。

何も返答がない厳に、見惚れたかという雫。言ってて恥かしくなる雫。

厳は、焚き火からもう少し離れろ、火花が飛んだら服が汚れるだろと雫を注意する。

雫も新生活が始まるので忙しくてしばらくキャンプが出来ないといわれたキャンプを最後に、厳もキャンプをできてないという。

雫は、短大を出た後、調理師になりたくて新しい学校に通っているという。

親に甘やかせてもらってるという雫。何となく納得する厳。

厳は、楽しみは人それぞれだから良いという。

何か枝がブッ刺さってるものを何かと聞く雫。

厳はそろそろいいだろうと、開けてみろと雫に渡す。

雫は開けてみたが何かわからない。

ふたりソロキャンプ 第19話ネタバレ感想・まとめ

すごく思わせぶりな流れにして、ただの新生活でしばらくキャンプにいけないってだけなのか。厳も大人なんだから、それぐらいで不機嫌になるのはな。。。子供かよ。

【画像】雫がしばらくキャンプに行けない理由 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

【画像】雫がしばらくキャンプに行けない理由 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

焚き火の禁断症状。最後に空けた、缶詰みたいなやつは何だろうか。ミリメシのレーションみたいなやつを焚き火に放り込んで食べるやつなのか。

【画像】謎の新アイテム | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

【画像】謎の新アイテム | 引用元:ふたりソロキャンプ 第19話 出端祐大

川原での焚き火は、国土保全が守られている範囲の行為であれば基本的にはOKみたいだけど、その川原が国有なのか地方自治体が管理しているのかで、変わってくる場合もあるようなので、まずは、その川原の地方自治体に確認とったほうが無難だと思う。自治体よりも警察のほうがいいのかな。

イブニング『ふたりソロキャンプ』を読んで。

ふたりソロキャンプ 概要

樹乃倉厳、34歳。自然を愛し、CAMPを愛すキャンパーである。ただ、「ソロ」である。独りで楽しむ「ソロキャンパー」なのである。たがそこに闖入者が現れ、ゲンの静かなキャンプLIFEは混乱を極める!

ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

『イブニング』は、講談社が発行する月2回刊青年漫画誌(創刊時は月刊誌)。毎月第2・第4火曜日に発売。基本的にオリジナル新作の連載が主体であるが、月刊誌時代は既存作品の続編作品の連載と読切作品の掲載が中心であった。本誌創刊後は『モーニング』における職業ものの社会派作品の比率が高くなったため、同誌で従来扱っていたギャグ漫画ものやスポーツ漫画・SF漫画など娯楽性の濃い青年漫画の新規作品、あるいは読切作品が本誌および『モーニング・ツー』で扱われる傾向にある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする