キングダム 第607話ネタバレ感想『李牧に寝返るように誘う王翦』

【画像】上がバカの集団であれば、それだけで国は滅びるという王翦 | 引用元:キングダム 第607話 漫画:原泰久

【画像】上がバカの集団であれば、それだけで国は滅びるという王翦 | 引用元:キングダム 第607話 漫画:原泰久

  • キングダム 第607話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第607話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第607話ネタバレストーリー・あらすじ

李牧のやり方を見抜き、ライハク軍に攻勢をかける王翦軍。

ライハクは「起こり」を見つけられず、戦術腺に切り替えれば、逆に返し技で敗れ続ける。

王翦もまた李牧に近い景色が見えているのかと考えるライハク。

ライハク軍をこのまま押し込めば、半数を討てるという流れに、王翦は、デンリミ軍のほうへと軍を移動させると指示を出す。

それでは、挟み撃ちにあってしまうと危惧する部下だが、王翦は、面倒だからまとめて決着をつけるという王翦。

それは、李牧も味方すらも予想しない展開だった。

ライハク軍と戦っていた王翦軍がコウハク軍と戦っていたデンリミ軍に強引に合流した。現場の人間の思考が一瞬停止するほどの大奇襲だった。

最初に反応したのはソウオウ。ソウオウは独断で後方に待機してるソウオウ軍本体も前戦に呼び寄せる。それにより更なる混乱が生じた。

コウハクもライハクも王翦が知略を捨てたと思ったが、李牧やデンリミ、ソウオウはこの混沌を、王翦にとって混沌ではないと察していた。

王翦は、デンリミとソウオウにも指示を出す。

大混戦のなか戦いながら、布陣を作り上げる王翦。

赤大鶴の陣を作っていく。あとは、最後尾に王翦が配置されれば完成される。

一方、趙軍は陣形は乱れたまま、この差は大きい。

しかし、王翦は最後尾に移動していなかった。

王翦軍と李牧軍の前戦の開いた空間に突如現れる。

単騎でいる王翦の姿を見て、李牧軍全員が驚愕する。さすがに罠だと。

しかし、さらに驚愕したのは、そこに李牧が現れた。

【画像】李牧と王翦が対面 | 引用元:キングダム 第607話 漫画:原泰久

【画像】李牧と王翦が対面 | 引用元:キングダム 第607話 漫画:原泰久

李牧と王翦は互いに単騎で前にでて話せる距離まで詰める。

王翦がよくでてきたなというと、李牧は話したいのかと思ってと王翦の意図を汲み取った。

李牧は、この度の戦況は語り出す。兵糧が尽きている以上、討ち死にか飢え死にのどちらか降伏を勧告する。

王翦は、ギョウのことを取り上げ、ギョウの食料はつき、間もなく陥落すると断言する。

それを否定する李牧。ギョウは、趙を護ってきた盾。歴史の重みにかけてもそんなことにはならないという。王翦は歴史などくだらないという。歴史の重みで国が救われるわけではない。上に立つものがバカの集団であれば、国は滅ぶ。そして、今の趙王はまさにそれだと。

王都圏に入った時、王都邯鄲の大群が動けば、王翦軍の勝ち目はなかった。趙王はそれをせぬと読んで入ってきた。超国の唯一の重しは李牧だけ。李牧が消えれば、趙は一瞬で滅ぶという王翦。

虚しくならないかと李牧に語りかける。どれだけ命がけで尽くしても上のせいでそれはどこにも実を結ばぬ。

李牧は、王翦が何がいいたいのかと訊く。王翦は、李牧に寝返って自分と最強の国を作ろうと誘う。

【画像】李牧に趙を裏切れと唆す王翦 | 引用元:キングダム 第607話 漫画:原泰久

【画像】李牧に趙を裏切れと唆す王翦 | 引用元:キングダム 第607話 漫画:原泰久

キングダム 第607話ネタバレ感想・まとめ

王翦は、レンパ戦の時もわざわざ、将軍クラスと直接会えるように戦術を組んでいた。

優秀な人材は、始末するのではなく、自分のところに取り込みたい。いままでも取り込んできたのだろう。

王翦は、勝てる戦にしか出てこないという評価をされるぐらいの人物だから、被害も最小限に抑えようと戦術を組んでいるはず。

王翦の思想は、この作品では語られていないから不明な点が多いが、行き着くところは中華統一とエイセイと同じなのではないだろうか。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。