六道の悪女たち 第110話ネタバレ感想『六道のファーストキスを奪おうとする鈴蘭』

【画像】六道のファーストキスを奪おうとする鈴蘭 | 引用元:六道の悪女たち 第110話 漫画:中村勇志

【画像】六道のファーストキスを奪おうとする鈴蘭 | 引用元:六道の悪女たち 第110話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第110話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第110話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 第110話ネタバレストーリー・あらすじ

六道は、寺でカンフーを習うと言い出す。

本当は、術の力を借りずに鈴蘭を止めたかった。グレムリンに悪意を鎮めてもらったところで自分自身がこんな弱いままでは乱奈を更生させるなんてできない。

強くなりたいと心から願う六道。

鈴蘭が六道に気をとられている隙にグレムリンをつけさそうとするも失敗する。

エリモが持っているグレムリンを蹴り上げ、さらに蹴り飛ばしどこかへやってしまう。

鈴蘭は、六道にヘボにカンフーはできない。ましてや腑抜けに教わるならお笑いだと笑う。

しかし、めちゅくちゃ強い奴に教わるなら可能性があると、自分をアピールする鈴蘭。

鈴蘭は、カンフーの心得を六道に教え始めようとする。

六道は、鈴蘭に天女バージョンで教えてもらいたいとわがままをいう。カンフーは生活を豊かにしてくれる身近な武術だと言っていたという。武術なんて暴力しか生まないと思ったけど、そんな素晴らしい武術があるんだと思った六道。

【画像】天女バージョンの意見を否定する悪女バージョン鈴蘭 | 引用元:六道の悪女たち 第110話 漫画:中村勇志

【画像】天女バージョンの意見を否定する悪女バージョン鈴蘭 | 引用元:六道の悪女たち 第110話 漫画:中村勇志

鈴蘭は、天女のことをバカだといい、カンフーは凶器以外ない。だから楽しいと反論する。でも生活も豊かにするかもなと六道の意見に賛同する鈴蘭。

鈴蘭が蹴り飛ばしたグレムリンをエリモとラムで探しにいく。

飯沼は、自分たちもカンフーを習得しようという。

【画像】六道に恋する鈴蘭 | 引用元:六道の悪女たち 第110話 漫画:中村勇志

【画像】六道に恋する鈴蘭 | 引用元:六道の悪女たち 第110話 漫画:中村勇志

鈴蘭は、人気のないところに六道を連れて行き、まず基礎能力を測るという名目で、片足で立ち、目をつぶれという。

鈴蘭の指示通りすると、安定して立つことができない。グラグラとする。

目を開けたり、足をついたりしたら首を折ると脅す鈴蘭。

六道はバランスを保てなくなり、仕方なく目を開けると、鈴蘭がこっそりチューしようとしていた。

鈴蘭は目を開けるんじゃないと六道の首にチョップする。

学校では、乱奈が沈んでいた。六道が登校してこないからだ。椿が飯沼から連絡があって、六道はしばらく休むという。ショックを受ける乱奈。

六道の悪女たち 第110話ネタバレ感想・まとめ

六道の居場所を知った乱奈は、寺に向かうだろう。

鈴蘭と乱奈の対決になるのか。でも六道がいる限り、やめてといえばやめるだろうから悪女通しのケンカにならないか。

週刊少年チャンピオン『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。