五等分の花嫁 第94話ネタバレ感想『一花、花嫁候補脱落!?』

【画像】みんなと一緒に卒業したいという気持ちを誤魔化す一花 | 引用元:五等分の花嫁 第94話 漫画:春場ねぎ

【画像】みんなと一緒に卒業したいという気持ちを誤魔化す一花 | 引用元:五等分の花嫁 第94話 漫画:春場ねぎ

  • 五等分の花嫁 第94話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 五等分の花嫁 第94話ネタバレ感想・まとめ
  • 五等分の花嫁 概要
  • 五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

五等分の花嫁 第94話ネタバレストーリー・あらすじ

一花は、学校を辞めるという。

9月から長期ロケを受けることになって、少し離れた撮影地で拘束時間も長い。できるだけ家から通うつもりだけど、学校辞めないとという。

しかし、二乃は、あと半年で卒業で、同じ学校に通えるのはこれが最後だと一花の決断を悲しむ。

一花は、仕事に専念したいという。

五月は、学校よりも大切なものを見つけたことを喜ぼうという。四葉は、一緒に卒業したかったけど、一花の夢を応援してるという。

職員室で、退学の旨を教師に伝える一花。教師は、高校は卒業しておいたほうがいいというも、一花の活躍を願っていると一花の要望を聞き入れる。

一花は最後に教師に深々と頭を下げる。教師は、孫が一花のファンなんだとサインを最後に求める。

一花は、最後になる学校を見回る。

一花の友達が、三年だけど大会が残ってるからと夏休みも部活にきていた。悔いなく終わらせたくないという学友に偉いという一花。

この前、CMを見て驚いた。こんな有名人と同じ学校なんて誇らしいという学友。学友と別れた後、三玖が一花に、有名人という言葉におかしいという。

一花は学校に話、戻れない。覚悟が決まった気がするという。

三玖は、一花の学校を辞めるに疑問を持つ。器用な一花ならこなせる気がすると。一花は、仕事と学業両立できるほど甘くなかったと。それでも三玖は、本当かと訊く。仕事が忙しくなったのは知ってるけど、学校を辞める必要があるのかと問う。

三玖は、自分といることがまだ辛いかと一花に訊く。

否定する一花。風太郎と一緒にいると自分が赦せなくなる。一緒に卒業したい。三玖は、その気持ちがあるならというも、「なんちゃって」とはぐらかす一花。

玄関に偶然を装って風太郎が一花を待ち構える。

休学について、出席日数と一定の学力を示せれば、復学し卒業できるという。

五人で卒業したいなら、この手段を選べという風太郎。

一定の学力ってこれからずっと撮影と稽古。ただでさえ馬鹿なんだから授業もでないのに無理だという一花。

【画像】風太郎は個人的に自分を雇えと一花に提案する | 引用元:五等分の花嫁 第94話 漫画:春場ねぎ

【画像】風太郎は個人的に自分を雇えと一花に提案する | 引用元:五等分の花嫁 第94話 漫画:春場ねぎ

風太郎は、オレがいれば別だという。一花が個人的に雇えという。一花の時間に合わせて、一対一で教える。これが最善だと提案するが、一花は断る。

【画像】風太郎の提案を断り、女優一本に絞る覚悟をする一花 | 引用元:五等分の花嫁 第94話 漫画:春場ねぎ

【画像】風太郎の提案を断り、女優一本に絞る覚悟をする一花 | 引用元:五等分の花嫁 第94話 漫画:春場ねぎ

女優一本で行くと決めたからには風太郎のビジネスには乗れないと。

三玖が、お金が足りないならバイト募集中の店知ってるという。

一花は、四葉とブランコをしながら、6年前の出来事を語ろうとする。

五等分の花嫁 第94話ネタバレ感想・まとめ

一花は、学校を辞めてもできるだけ家から通うようにするといってるから、退学しても風太郎との接触はなくならないのなら、花嫁候補から脱落したとは限らないのではないだろうか。

週刊少年マガジン『五等分の花嫁』を読んで。

五等分の花嫁 概要

結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の上杉風太郎は妻と初めて出会ったときを思い出す。

当時、高校2年生の風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。ある日、風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。

五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。