ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話ネタバレ感想『DV訓練がオレオレ詐欺訓練に大変身』

【画像】川合の頭にチョップをする源 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

【画像】川合の頭にチョップをする源 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話ネタバレ感想・まとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~を連載している『モーニング』について

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話ネタバレストーリー・あらすじ

新しい手口の詐欺の参考資料を読む川合と藤。犯罪の新しい手口に次々と変わる法律に見るものいやだという川合。

その後、副署長から呼び出されて会議室に向かう川合と藤。

会議室には、副部長以下の幹部の面々に、看守係、刑事課、地域課の謎のメンツ。

副署長は、実践的総合訓練に本部教養課の幹部が視察にくるという。若手を訓練するための実践的総合訓練。交番勤務中にある現場に臨場させる想定で、状況に応じた職務執行が適正にできるか訓練する。

訓練を受ける若手はどんな想定の現場か聞かされていないから、事情聴取や現場状況を観察することでどういう事案なのか判断しないといけない。

良くある想定が、職質した男が挙動不審で所持品検査をしたところ、薬が出てきて逮捕のパターン。騒音苦情でアパートに臨場。夫婦それぞれに事情聴取したところDV事案が発覚など。

今回の訓練で下手すると署の幹部が怒られる。よって、今回限り、やらせ訓練にするという副署長。

【画像】やらせ訓練を行うという副署長 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

【画像】やらせ訓練を行うという副署長 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

那須と藤でDVの夫婦役。川合と上杉が警察官として臨場。

すると、教養課の幹部を満足させるために、もう一歩先の事案にしようという。事情聴取を行っている最中に、妻のほうに腕の怪我を発見して、傷害として夫を逮捕という筋書きにしよう。

教養課の幹部を招き、実践的総合訓練を開始する。

上杉と川合が深夜の交番勤務中にアパートの一室から男の怒声の後、女の叫び声がしたという通報があり、現場臨場する想定で進めると説明。

その直後、夫役の那須が妻からの連絡で息子が骨折したからスグにきほしいという連絡があった。

外で待機している川合たちは那須のことは知らず、入ってくる。

そこに立ってたのは、藤と源だった。

源は話を聞いてなかったから、想定は藤に聞くと、藤は腕のアザを見せてこれで逮捕されるからという。源は、薬で逮捕されると勘違いする。

【画像】想定を勘違いする源 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

【画像】想定を勘違いする源 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

夫役が変わったが想定は変わっていないと上杉は、夫側は男性警察官、妻側を女性警察官で離して事情聴取する。

妻を引き剥がそうとする警察に対して、源はここは自宅玄関だからと「住居の不可侵」を持ち出して、捜査を妨害しようとする。

藤が睨み、違う感じをアピールする。源は、この状況で薬で逮捕は難しいから、薬でハイになった自分が暴れて公務執行妨害で現行犯逮捕かと考えて、暴れると脅すも上杉も川合もきょとんとする。

源はもっとわかりやすい公務執行妨害に移る。川合の拳銃を奪おうとするも阻止され、仕方なく、川合の頭にチョップを食らわせる源。

しかし、川合は、源の肩を叩き、落ち着いて話しましょうと宥める。

ここで、山田を刑事当直として投入しようという。源とペアを組んで修羅場をくぐってきた。ふたりに言葉はいらないと。

しかし、山田は、DV夫婦側についた。

上杉は、通報内容を伝え、夜中に男女三人でそんな騒ぎになってるのか説明してくださいと、ボールを先輩に投げる。

【画像】突然現れた男の説明を求める | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

【画像】突然現れた男の説明を求める | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

源は3P以外で説明できるやついるかと小声で話すも、3Pを口にするぐらいなら舌噛むという山田。

藤が普通に謝って警察官を帰そうとする。

源と山田が言い争っている間、現場がまとまらない。

【画像】川合がオレオレ詐欺の犯人グループのアジトだと名推理する | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

【画像】川合がオレオレ詐欺の犯人グループのアジトだと名推理する | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話 漫画:泰三子

川合は、「オラオラ」という声で通報があったというところから、オレオレ詐欺の犯人グループのアジトだと名推理する。ここで、捜査二課の資料が役に立った。珍しく川合の推理が冴え渡ったが、その後、教養課長から普通に怒られた。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第79話ネタバレ感想・まとめ

源も場所が「自宅」というところから、薬ではないことを察すればいいのに。

薬の犯人を摘発するために自宅の玄関に警察が不用意に入ることってないだろうに。

確たる証拠があって、礼状があってから自宅に訪問するか。それとも、薬を製造している現場だったとしても、家の人がでてきてから、外で確保するかで、インターホン押して、玄関正面から入っていくことはないんじゃないの?あるのかな?

モーニング『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を読んで。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ

川合
町山警察署交番勤務の女性警察官。警察学校を卒業したばかりの新任警察官。

藤部長
町山警察署交番勤務の女性警察官。川合の指導員。

牧高
町山警察署勤務の女性警察官。藤部長が異動になって刑事課に配属された。

山田
町山警察署勤務の刑事課の男性刑事。


巡査部長。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要

ホワイトカラーにしてブルーカラー。労働基準法は適用外!安定収入を求めてたまたま警察官になった川合と、超美人&刑事部のエースながらパワハラで交番に飛ばされた藤部長。交番(=ハコ)勤務女子二人の警察官あるあるお仕事備忘録!

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を連載している『モーニング』について

『モーニング』は、講談社発行の週刊漫画雑誌。毎週木曜日発売。 現在も『モーニング』の連載陣の一翼を担っている弘兼憲史、かわぐちかいじ、うえやまとちといったベテラン執筆陣によって支えられた、いわゆる「大人漫画」の構成の特徴を持っていた。ストーリー漫画・4コマ漫画などを中心とする型破りな作風で話題を呼ぶ作品を輩出しており、ドラマの原作となる作品が多い。また成人が働く、さまざまな職業をありのままに描いた「職業漫画」が多いのも特徴の一つ。1990年代を通して、青年漫画のジャンルで漫画界をリードしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする