キングダム 第592話ネタバレ感想『飛信隊副歩兵長の松左が…』

命に代えても松左を助けようとする干斗たちを罵倒する松左 | 引用元:キングダム 第592話 漫画:原泰久

命に代えても松左を助けようとする干斗たちを罵倒する松左 | 引用元:キングダム 第592話 漫画:原泰久

  • キングダム 第592話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第592話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している無料WEBマンガ『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第592話ネタバレストーリー・あらすじ

チョウガリュウが守り陣形を本格化させたタイミングで、河了貂は信を突撃させる。

ヒヒョウにて、ガクライが矢を受ける。ガロたちが心配するもガクライは、ここを抜けばチョウガリュウの本陣だと目の前の趙兵を薙ぎ倒す。

信を先頭に騎馬隊が奥に攻めいっている。崇原の歩兵団はそれについていく形で奥に。その分、隊は間延びして中間を助けまわるのに限界がある。渕は河了貂に言われたように、よく判断して助けに走らねば、中間が崩壊してしまう。

松左と合流して中間をどう進めるか相談しようと考える渕。

松左の隊のものを見つけ、松左の居場所を聞くと、もう助けられないぐらい敵に囲まれている味方を助けにいったという。

干斗らは、敵兵に囲まれて逃げ道がなくなっていた。

干斗の隊は次々と敵に倒されていく。干斗が討ち取られそうになったその瞬間。松左の助けが間に合う。

干斗を誘うとした趙兵の首を槍で貫く松左。

干斗は松左に助かったというも、松左はまだ助かってない。絶望的に敵に包囲されているという。

走って逃げようとする松左と干斗たちだが、また敵に捕まる。松左が後ろから刺される。一度膝をつくも立ち上がり、移動を続行する。

しかし、松左たちの前方に趙兵がこっちに向かってくる。干斗は、脱出は無理だと悟る。自分たちだけならいいが、助けにきた松左を飛信隊の副歩兵長を亡くならせるわけにはいかない。

干斗は松左に一度、干斗の隊の後ろに下がってくれという。命がけで突破口を開くから少佐ら先輩だけでも脱出してくれという。これでは自分たちが足を引っ張ったバカで終わると。

信の大将軍への道を支えるのが自分や干斗たちだと諭す松左 | 引用元:キングダム 第592話 漫画:原泰久

信の大将軍への道を支えるのが自分や干斗たちだと諭す松左 | 引用元:キングダム 第592話 漫画:原泰久

そんな干斗たちの決死の覚悟を罵倒する松左。新人のバカが足手まといは当然。干斗たちは、自分たちと一緒で信が見てる景色を一緒にみたいから飛信隊に来たんだろという。だったら、命を捨てるなんて口が裂けてもいうんじゃない。飛信隊が朱海平原で奇跡を起こして勝つと信が言っていただろという。それが大将軍の道につながる。それを支えるのがオレやお前だと干斗たちを諭す松左。

松左は、皆でここを乗り越えると槍を構える。

干斗は、少しでも松左の助けになりたいのに、全然追いつかない。ズタボロになっても強い。そうこうしているうちに趙兵の抵抗が弱くなってきている。敵が少なくなり包囲を抜けつつある。

足が止まっている松左に声をかける干斗。松左は干斗に、自分をできるだけ前のほうに運んでほしいとワガママを頼む。そして、倒れる松左。

キングダム 第592話ネタバレ感想・まとめ

干斗に志を託して、松左はここでリタイヤか。飛信隊の古参のなかで唯一の熱くなった信たちを冷却させる役がいなくなったら、熱くなった飛信隊を誰が止めるんだ。しかし、一番熱かったのは松左だったのかもな。助けられないところは助けるなと河了貂に言われても新人を見捨てることができなかった松左。

尾到に松左、冷静なやつほど先にいってしまうな。

自力で歩くこともできなくなった松左はできるだけ信のそばにと | 引用元:キングダム 第592話 漫画:原泰久

自力で歩くこともできなくなった松左はできるだけ信のそばにと | 引用元:キングダム 第592話 漫画:原泰久

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。