キングダム 第608話ネタバレ感想『弓矢兄弟の約束』

【画像】仁が打てなくなったら代わりに打つようにと淡に約束させる | 引用元:キングダム 第608話 漫画:原泰久

【画像】仁が打てなくなったら代わりに打つようにと淡に約束させる | 引用元:キングダム 第608話 漫画:原泰久

  • キングダム 第608話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第608話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第608話ネタバレストーリー・あらすじ

李牧と直接対峙した王翦は、李牧に仲間に入るように勧誘する。

李牧と二人なら新しい最強の国が作れると。

李牧軍は、ここで敵国登用を切り出したことにも驚くが、蓁軍大将のくせに国を作るという発言にも驚愕する。

李牧は、王翦のことは詳しくは知らないが直感で、王翦は国を亡ぼすことができても、国を生み出すことは出来ない人間だと評する。

【画像】王翦は国を亡ぼせても国を生み出すことはできないと評する李牧 | 引用元:キングダム 第608話 漫画:原泰久

【画像】王翦は国を亡ぼせても国を生み出すことはできないと評する李牧 | 引用元:キングダム 第608話 漫画:原泰久

この場にいる誰よりも愚かな人間だと王翦にいう李牧。

王翦は、報われぬ道を選ぶのかと問う。李牧は、趙国が自分の双肩にかかってる。だからどんな苦境でもすべてをかけて戦う。大儀だと。己を最上に置く歪んだ王翦には理解できないでしょうけどと。

李牧はある時から、守るものがあったほうが燃えるようになったと語る。趙国を亡ぼすことは決してさせない。

王翦は、必ず、後悔すると手を挙げ、李牧を仕留めるように号令を出す。

王翦軍が突撃を始める。それに対して李牧軍も李牧を守らんと前に出る。

王翦軍は、李牧を討つソウオウ隊と、李牧を逃がさないように左右に包囲するデンリミ隊。それに対し、李牧軍は、王翦を討つフテイ隊と李牧を救援するカイネ隊が展開する。

戦の鍵は蓁右翼となった。

【画像】信の調子が悪い | 引用元:キングダム 第608話 漫画:原泰久

【画像】信の調子が悪い | 引用元:キングダム 第608話 漫画:原泰久

蓁右翼の戦場では、信に力が戻らない。チョウガリュウとの一戦が重たかったのかと考える。ガロは十槍の一人と戦っていた。危ないところを、弓矢兄弟仁の矢に助けられる。

【画像】弓矢兄弟の仁も現在に来てる | 引用元:キングダム 第608話 漫画:原泰久

【画像】弓矢兄弟の仁も現在に来てる | 引用元:キングダム 第608話 漫画:原泰久

しかし、仁も連日打ち続けているから限界に来てる。淡は自分で矢を打ってみるも当たらない。兄が頑張ってるのに自分は敵に矢を当てられない。仁は、無理に打たなくてもいいが、俺が打てなくなったら、その代わりに淡が打て。約束しろという。

ギョウウンの前に王賁が立ちはだかる。

キングダム 第608話ネタバレ感想・まとめ

淡は、仁が絶体絶命のピンチになって覚醒するか。

でも弓矢隊は他の隊に守られてるだろうから、仁のところまで敵に刃が届く頃には戦場がかなり乱れているか、飛信隊が壊滅になっている状態だろう。そうすると、李牧の中央軍に向かうどころではなくなってしまうので、ここは、信がピンチになって、兄が打てなくなり、仁が必死に信の重要性を訴えて、淡が覚醒するのか。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。