六道の悪女たち 第131話ネタバレ感想『亞森高校に入学したミナミ』

ミナミのピンチを救う形で登場したのは新入生ver.の鈴蘭 | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

ミナミのピンチを救う形で登場したのは新入生ver.の鈴蘭 | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第131話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第131話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 第131話ネタバレストーリー・あらすじ

ミナミの待望の日。亞森高校の入学手続きの日。緊張するミナミに六道からメッセージが飛んでくる。

最近、会えなかった六道に放課後に会いたいと誘うメッセージを送る。

亞森高校の入学手続きにそわそわするミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

亞森高校の入学手続きにそわそわするミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

六道と平和で楽しい学園生活を思い描くミナミ。

友達も作って、勉強したり、遊んだり、夢のようなスクールライフが始まる。

そう思ってやってきた亞森高校。ガラの悪い連中ばかりで驚愕するミナミ。

六道が亞森高校に通っている姿が想像できないミナミ。

制服の話が聞えてきて、一番の楽しみにしてたことを思い出してわくわくするミナミ。

六道の夢の学園生活を思い描いていたミナミに亞森高校のガラの悪さにビックリする | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

六道の夢の学園生活を思い描いていたミナミに亞森高校のガラの悪さにビックリする | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

入学する新入生は制服を着ないという。ミナミは先生すら姿みえなく、案内もないから不良が自分から考えると見るミナミ。

とりあえず、どこにいけばいいのかわからないから、新入生の集団についていくことにしたミナミ。

ガン黒ギャルが意味もわからず笑いあってる。女子も悪そうなのがばっかり。友達作るのも一苦労と先が思いやられるミナミ。

新入生がついたといい、ドアをノックする。どうみても用具室だけど、ここで制服もらえるのかと疑問に思うミナミ。

ドアをノックした新入生が、番長はいないから挨拶は今度だという。

おもわずツッコミをいれてしまったミナミ。

その集団から離れるミナミ。やっと制服をゲットして校舎裏で座るミナミ。

そこに、番長に挨拶にいった集団の中にいたギャルが声をかけてくる。同じ新入生だし、友達になろうという。ミナミは見た目で判断したらいかんと思いなおす。

ギャルはのどかわいたという。ミナミはお茶あると水筒を出そうとすると、何か買って来いと命令するギャル。

いきなり、同級生の黒ギャルにパシリ要求されるミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

いきなり、同級生の黒ギャルにパシリ要求されるミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

ミナミは、120円の重みわかってるのかと反論する。ギャルはミナミに腹パンしてボクシング通ってるから逆らわないほうがいいとミナミを脅す。

そこに、ボクシングなんてガキの遊びだろとギャルの前に立ち塞がったのは鈴蘭だった。

六道の悪女たち 第131話ネタバレ感想・まとめ

高校の制服は、最初私服で学校にいって受取るんだっけ。昔過ぎて覚えていない。

次の悪女はこの子かな。新入生だし、ミナミと鈴蘭が絡みながら問題解決していく流れだろう。

次の悪女かな | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

次の悪女かな | 引用元:六道の悪女たち 第131話 漫画:中村勇志

LINEマンガ『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。