キングダム 第609話ネタバレ感想『突然、中華クイズを出題するギョウウン』

【画像】王賁に語るギョウウン | 引用元:キングダム 第609話 漫画:原泰久

【画像】王賁に語るギョウウン | 引用元:キングダム 第609話 漫画:原泰久

  • キングダム 第609話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第609話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第609話ネタバレストーリー・あらすじ

玉鳳隊はギョウウン軍と真っ向から立ち向かう。

十槍に阻まれる玉鳳隊。カンジョウは、十槍を引き受けるからとバンヨウを前に出させる。

しかし、バンヨウの前には十槍一番槍が立ち塞がる。

それを抜けて、王賁が前に出る。

王賁のカラダはまだ傷が深く、馬上にいるだけでもやっと。それを危惧してバンヨウは戻るように声をかけるも聞く王賁ではない。カンジョは、王賁を守るべく、王賁の援護に部隊を出す。

王賁とギュウウンが対峙する。

飛信隊のほうでも、ギョウウン本陣近くに玉鳳隊の旗があることを確認。瀕死の状態の王賁が戦場にでたことで玉鳳隊の力が増したからギョウウン本陣に近づけたと考える信。

不調だが、そうもいってられない信は、飛信隊をギョウウン本陣に向かわせる。

ギュウウンは、王賁がきたら手を出すなと部下に命じてある。

動かぬ二人。玉鳳隊は王賁を心配するも、王賁は俺を信じろと。

ギョウウンは、王賁に中華のことを考えたことがあるかと問う。

かつての三大天と六将の時代。傑物が乱出したあの時代の武は、それまでの歴史の中で不自然なぐらい突出していた。それは中華のうねり。

そして、その六将時代を継ぐ、王賁たちの時代が来ようとしている。李牧の時代でもある。

【画像】二つの時代に決定的な違いがあると語るギョウウン | 引用元:キングダム 第609話 漫画:原泰久

【画像】二つの時代に決定的な違いがあると語るギョウウン | 引用元:キングダム 第609話 漫画:原泰久

かつての黄金時代と今の時代を見てきて、決定的な違いを捕えている。それがわかるかと王賁に問う。

王賁は「王」だと答える。

【画像】 決定的な違いは特異な王の存在| 引用元:キングダム 第609話 漫画:原泰久

【画像】 決定的な違いは特異な王の存在| 引用元:キングダム 第609話 漫画:原泰久

ギョウウンはその通りといい、中華の武力統一を本気で成し遂げようとする蓁王。そんな特異な王まで重ねて現れた。中華のうねりは、今極限に向かっている。一度応えを出せと。一つになるか、そうでないのか。

王賁たちが今、立っている場所がわかるかと問うギョウウン。

飛信隊がやってこようとしていることを知るギョウウン。

信が来る前に、王賁をほふるというギョウウン。

王賁は、ギョウウンに立つ場所をとやかく言われる筋合いはないといい。前に進むだけだと槍を構える。

キングダム 第609話ネタバレ感想・まとめ

ギョウウンは利き腕が使えない。

王賁は、心臓が止まりかけてる。

元々の武の差がギョウウンにあろうが、武の差が僅差であろうが、この状態で、体格差を考えると、王賁に勝ちはない。

でも、王賁はここで死ぬ史実ではないから、なんとか生き永らえるだろう。

信が迫ってきても、信に助けられたという形にはならないだろう。

だとすると、ゴリ押しで王賁がギョウウンを打ち破るのかな。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。