BEASTARS(ビースターズ) 第139話ネタバレ感想『メロンのカラダにはメロンの葉の刺青』

【画像】ヒョウ柄をメロンの葉っぱで隠すメロン | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第139話 漫画:板垣巴留

【画像】ヒョウ柄をメロンの葉っぱで隠すメロン | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第139話 漫画:板垣巴留

  • BEASTARS(ビースターズ) 前号あらすじ
  • BEASTARS(ビースターズ) 第139話ネタバレストーリー・あらすじ
  • BEASTARS(ビースターズ) 第139話ネタバレ感想・まとめ
  • BEASTARS(ビースターズ) 概要
  • BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

BEASTARS(ビースターズ) 前号あらすじ

レゴシとのメロン捜索の契約は解除したヤフヤ。しかし、まだ心残りがあるのか、仮面夜行会の時にメロンが着けていた仮面をレゴシに託していて…!?

BEASTARS(ビースターズ) 第139話ネタバレストーリー・あらすじ

ファストフードで肉食獣セットと草食獣セットをひとつずつ注文するメロン。

各々を食べてみたが、「美味しい」というのが一体どういう感覚なのかわからないメロン。

肉食獣の味覚も草食獣の味覚もない。なにを食ってもハーフのメロンにとっては全部砂の味。

【画像】砂の味 | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第139話 漫画:板垣巴留

【画像】砂の味 | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第139話 漫画:板垣巴留

バーガーにケチャップを大量にかけるメロン。

街を歩けば、二つの自分が交互に鳴き声を上げる。草食獣を見れば無性に始末したくなり、肉食獣が近寄るといわれのない恐怖心を抱くことがある。

そんな自分を保つためにメロンがくるところは刺青屋。

メロンは、例の彫り師を呼んでくれと指名する。

彫り師ホルガーを尋ねたメロン。クビだといわれてから荷物をまとめるのに一週間かかってるホルガー。

ホルガーは、ナマケモノで彫り師にゆっくりじっくり丁寧に刃を入れられるときの出血量と痛みで死者を出しても仕事をやり続けているのはホリガーだった。

メロンは、服を脱ぎ、下半身にもヒョウ柄が現れてきたから、いつもどおり、メオrンの葉っぱを彫ってくれとホルガーに頼む。

カラダの内側はとくに痛みがひどいが、それがメロンの目的。ホルガーは黙って、メロンの葉を彫り始める。

その痛みでメロンは高揚。ヒョウでもガゼルでもない。生きている実感ができる。痛みだけは種族間問わず生きている証。

メロンの処置は終わり、床の血黙りを掃除する店員。

隣の処置しているお客にこわがらないでというと、隣の処置室にはレゴシがいた。

レゴシは、メロンの匂いを辿って、ここまで来たがニアミスした。

メロンはここの常連のようだから、何かの情報を得られればと考える。

【画像】メロンとの会話を遅れて話し始めるホルガー | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第139話 漫画:板垣巴留

【画像】メロンとの会話を遅れて話し始めるホルガー | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第139話 漫画:板垣巴留

するとホルガーが独り言を話し始めた。メロンとの会話を遅れて始めた。

BEASTARS(ビースターズ) 第139話ネタバレ感想・まとめ

消えないのに、今日の日付でもいれといてと、本当に無頓着なレゴシ。後々から問題になったらどうするんだ。ま、そうなったらそうなったで対処するのだろうな。

LINEマンガ『BEASTARS(ビースターズ)』を読んで。

BEASTARS(ビースターズ) 概要

中高一貫のエリート学校・チェリートン学園内で、ある日演劇部の草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きる。テムと同じく演劇部部員であったハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。

BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。