アオアシ 第186話ネタバレ感想『5レーン戦術向きの能力を持つアシト』

【画像】5レーン戦術に参加したいアシト | 引用元:アオアシ 第186話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】5レーン戦術に参加したいアシト | 引用元:アオアシ 第186話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 前号までのあらすじ
  • アオアシ 第186話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第186話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 前号までのあらすじ

トリポネと二原という超高校級FWを擁する船橋学院。ワイドに開いた二人に対抗するべく、マンマークをつけることに。二原についたアシトは、特長を活かし見事抑える。ついにエスペリオンのターンとなり、福田が5年前から選手に施していた戦術=5レーンが炸裂、先制点を奪う。

アオアシ 第186話ネタバレストーリー・あらすじ

二原は、エスペリオンを素直に強いと評価する。二原は、見たことない連携でいつの間にか崩された。崩された理由を突き止めないと厳しいとトリポネにいうと、トリポネは、バイエルンの5レーンだという。戦術がわかったとして実行できるエスペリオンを素晴らしいと評価するトリポネ。

船橋学院は、フォーメーションを変更。複雑なサッカーならミスがでる。そこをつくまで耐える戦術に切り替える。

エスペリオンのターンは終わらない。ボール保持率が高まり、次の得点獲得もできるような雰囲気。

アシトは5レーンをこなすエスペリオンに驚き喜ぶ。

そして、自分のその中に入りたいと思っている。

しかし、5レーン戦術にアシトは極力除外されていた。

5レーン戦術に、アシト、大友、富樫が即対応するのは難しいだろうという高杉。なので、細かくコーチングするから、コマの一つに徹してほしいという。特にアシトは、足下の技術がおぼつかない。右サイドバックの小早川が上がる。アシトは、守備よりに動き、極力参加しないほうが無難だという。

そういわれて、守備よりのポジションで5レーンを指を加えてみてるしかないアシトは焦りを感じていた。

エスペリオンの5レーンが炸裂しなくなってきた。バックパスが多くなってきた。それは船橋学院が5バックに切り替えてきたからだ。

5レーン理論は、敵が4バックのときに極めて有効。5レーンのハーフレーンは、4バックのセンターバックとサイドバックの中間に位置するため、どちらが対応にいけばいいか迷いが生じる。それを5バックにすると、5レーンすべてに守備を配置でき、守りやすくなる。

【画像】5レーンには5バックで対応 | 引用元:アオアシ 第186話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】5レーンには5バックで対応 | 引用元:アオアシ 第186話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

元々、守備も一級品の船橋学院にワンミスでカウンター攻撃をされると警戒する高杉。

栗林がアシトに上がれと指示を出す。

【画像】栗林がアシトに5レーンに加わるように指示 | 引用元:アオアシ 第186話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

【画像】栗林がアシトに5レーンに加わるように指示 | 引用元:アオアシ 第186話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

敵が5バックなら、サイドを揺さぶれるサイドバックの動きが重要になる。いまこそ前がかりに行くときだと、みんなを鼓舞する栗林。

自分の出番を用意され、アシトは燃える。

富樫も嬉々として前にでる。栗林の「前がかり」という言葉をセンターバックも高い位置を取ると解釈。富樫も5レーンに混ざりたくてウズウズしていた。

上がってきた富樫に栗林がバックパスを出す。

富樫は、パスを要求するアシトにパスを出す。

桐木と栗林とアシトのトライアングル。アシトは桐木にパスを出す。

遊馬が足下がおぼつかないアシトをカバーするためにハーフラインに入ってくる。

それを視界の端に捕えたアシトは、桐木からのパスを栗林ではなく、遊馬に出す。

絶妙なタイミングで遊馬が抜けることができた。

栗林は、足下がおぼつかなくてもアシトには5レーン向きの能力があると評価していた。

アオアシ 第186話ネタバレ感想・まとめ

5レーンは以下に味方の位置、敵の位置を把握してるかが鍵なのだろう。

そこでいうと視界が広いアシトは、5レーン向きの選手。これもアシトを誘った時から福田はわかっていたのだろう。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。