魔入りました!入間くん 第98話ネタバレ感想『問題児クラスの特訓近況報告』

大人のムチャに負けるほうが嫌だとアブノーマルクラスの維持を見せる | 引用元:魔入りました!入間くん 第98話 漫画:西修

大人のムチャに負けるほうが嫌だと問題児クラスの維持を見せる | 引用元:魔入りました!入間くん 第98話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第98話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第98話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第98話ネタバレストーリー・あらすじ

カルエゴは、授業の終了を告げ、問題児クラスの皆を特訓に向かうように伝える。

指令のおさらい。

問題児クラスの全員が二年生になるまでにランク「4」にならなければ「ロイヤルワン」追放。学校が用意した特別講師陣と特訓。

指令のおさらい | 引用元:魔入りました!入間くん 第98話 漫画:西修

指令のおさらい | 引用元:魔入りました!入間くん 第98話 漫画:西修

ロイヤルワンの中で入間たちは、各々がどんな特訓をしているか話し合う。

ピケロとゴエモンは、ウェルパに家系能力を強化の特訓。地上では二人の家系能力は強いが家系能力が使えなくなる状況を知り、克服するというところから、ピケロとゴエモンは常に水責めを受けている。

それを聞いて拷問を思う皆。

シャックスはロビンに好きなものを持ってきてといわれたからゲームを持っていったら、六日で全部クリアしようと徹夜でゲーム漬け。毎日朝帰りは無理だという。

そういうとサブノックはそもそも帰っていないという。シチロウに一撃当てるまで返してもらえない。シチロウも反撃してくるのでボロボロだという。サブノックとアリスはボロボロだった。

アロケルとジャズの姿が見えない。メールで特訓の様子を聞いたら、最初は楽しそうな返信があったが徐々に短文になって最後には助けを求めるメッセージになったという。

クララとエリザは、ポーズを決めて静止している。ライムに女は見られて磨かれるとポーズを常時とるように特訓をしている。

カイムはクロケルと仲良くなりたいだけだと床を叩く | 引用元:魔入りました!入間くん 第98話 漫画:西修

カイムはクロケルと仲良くなりたいだけだと床を叩く | 引用元:魔入りました!入間くん 第98話 漫画:西修

ケロリとカイムは、ハットに召喚士として、獣と心を通わすために一昼夜獣と同じ檻に閉じ込められているという。

最後に入間は、家事をしているという。

同時に皆の携帯がなる。師匠たちからの特訓開始の号令が入る。

特訓が拷問で辛いがオトナの無茶に負けるほうが嫌だだと特訓に前向きに挑む。

入間も今日の特訓リストを見ると、新しい武器作りとあった。バチコが特訓用に入間のあたらしい武器を作るという。

魔入りました!入間くん 第98話ネタバレ感想・考察まとめ

入間の新しい武器。絵は剣だが、剣を作るのかな。

バチコは入間の新しい武器を作るという | 引用元:魔入りました!入間くん 第98話 漫画:西修

バチコは入間の新しい武器を作るという | 引用元:魔入りました!入間くん 第98話 漫画:西修

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。