五等分の花嫁 第97話ネタバレ感想『パンケーキ派とたこ焼き派の争い』

【画像】変わり始める日常 | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

【画像】変わり始める日常 | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

  • 五等分の花嫁 第97話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 五等分の花嫁 第97話ネタバレ感想・まとめ
  • 五等分の花嫁 概要
  • 五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

五等分の花嫁 第97話ネタバレストーリー・あらすじ

学園祭でやる出し物を、パンケーキかたこ焼きかでクラスが二分していた。

たこ焼きの男子グループと、パンケーキの女子グループ。

二乃がたこ焼きグループにいることに不満を表明する女子たち。

しかし、二乃は自分が提案者だから最後まで責任を持つとたこ焼き支持を変えない。

更に、食べるのと作るのでは話が別。ふわっふわのスフレパンケーキは自分でもたまに失敗するという。

五月がフータローに話しかけるが、言い出せない。

二乃と三玖は、二人きりで雑談。まさか、パンケーキとたこ焼きでクラスが二分するとは思わなかったという三玖。

フータローの母親がよくパンを作ってくれていたと聞いて、うちのことを思い出して、パンケーキを提案したという三玖。

二乃は、ふわふわのパンケーキは一朝一夕で作れるものじゃないという。

初めて挑戦した料理。

幼い頃、あの味が恋しくてパパにパンケーキの店に連れていってほしいとお願いしたけど、聞き入れてくれなかった。それで自分で作ろうとした。

三玖は、だからといって直球で言わなくてもというも二乃は、陰でこそこそするのは嫌だという。

もしかしたら女子グループに恨まれたかもしれない。嫌味の一つでも言われるかもしれない。その時は受け立つという二乃。

噂をすれば影。女子グループが二乃のところにやってくる。

そこにフータローが二乃と三玖に声をかける。それをみて女子グループは去っていく。

三玖はフータローの用事があると追いかけていった。

二乃は一人で下駄箱にいくと、五月がいた。

五月は、塾に直接向かうからという。帰ろうとする二乃に五月は切り出しにくそうに入試判定の話を聞く。

二乃は「B」だったという。

それを来た五月は唸り出す。

【画像】D判定で唸る五月 | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

【画像】D判定で唸る五月 | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

全力で取り組んでいるはずなのに、結果は「D」。先真っ暗。学校の先生なんて夢のまた夢だと嘆く。

フータローにはまだ言ってない。先生は一度、親と相談したほうが言いと言われた五月。そんなことしてくれる親でもないという二乃。

五月は、そういう意味ではなく、これ以上、父親に心配をかけたくないという。

ここまで成長できたのは父親のおかげ。そう思えるようになってきた。墓の花は間違いなく父親。直接何かをしてもらったことは少ないけど、ずっと気にかけてくれていたんだと思うという五月。

ひとまずは、塾でお世話になってる下田先生に相談するという。

招待状の件はやめたという二乃。パパを呼ぼうなんていっときの気の迷いだと。四葉はいいと思ってけどとフォローする。

どうせくるはずがない。家にだってほとんど姿を見せず、いつも陰でコソコソしてる。

階段を下りていくと、階段下に、二乃を睨んでいた女子グループがいる。

フータローと話をしている。

女子なのに男子組の中にいるのはおかしい。媚売って男子の誰かを狙っているに違いないという女子グループ。

しかし、フータローは勘違いだという。二乃の意中の相手はたこ焼き派にはいない。それだけはわかってるという。

女子グループが、そんなことがどうしてフータローにわかるのかと聞くと、二乃は俺を好きだからというフータロー。

女子グループは、妄想はやめようとフータローに同情する。

【画像】陰でコソコソも悪くないと二乃を説得する四葉 | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

【画像】陰でコソコソも悪くないと二乃を説得する四葉 | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

そんなやりとりを見て、四葉は、陰でコソコソも悪くないと思う。きっと何か理由があるんだと二乃にいう。

二乃は、パンケーキの店には連れていってもらえなかったけど、パンケーキを作る調理器具とレシピを買ってくれたことを思い出す。

二乃は、やっぱり招待状を作ることにした。

五等分の花嫁 第97話ネタバレ感想・まとめ

フータローの勇気ある行動。実際にそうだったとしても、その場にいない異性が自分のことを好きだから、異性に話す。それも仲良くするための説得材料として。

【画像】二乃は俺のことが好きだからと公言してしまうフータロー | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

【画像】二乃は俺のことが好きだからと公言してしまうフータロー | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

でも信憑性がない話にして、フータローへの同情は取り付けたけど、結局は女子グループの二乃への不信感は拭えなかったのではないかと思うけど、フータローが可哀相だからって二乃のことをチャラにすることはないだろうけど。。。

【画像】パンケーキ派とたこ焼き派の争い | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

【画像】パンケーキ派とたこ焼き派の争い | 引用元:五等分の花嫁 第97話 漫画:春場ねぎ

女子たちも、男子達を説得するのに、パンケーキの美味しさに言及しても全然ピンとこないと思う。「パンケーキにしたら女子達が集まってくる」というような方向で説得すればいいのではないか。たこ焼きだったら作るのも楽かもしれないけど、祭りでもよくある定番のもの。パンケーキなら、客もほとんどは女子になる可能性も高いし、女子に注目浴びて、モテるかもしれないと、思春期男子の心を掴めばいいんだけど。。。それともこのクラスの男子は全員モテモテのイケメン揃いなのか。

週刊少年マガジン『五等分の花嫁』を読んで。

五等分の花嫁 概要

結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の上杉風太郎は妻と初めて出会ったときを思い出す。

当時、高校2年生の風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。ある日、風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。

五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。