BEASTARS(ビースターズ) 第119話ネタバレ感想『ファッションで異種族カップルを成立させるアコ』

アコとエアドの異種族カップルは嘘だと感じるハル | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第119話 漫画:板垣巴留

アコとエアドの異種族カップルは嘘だと感じるハル | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第119話 漫画:板垣巴留

  • BEASTARS(ビースターズ) 第119話ネタバレストーリー・あらすじ
  • BEASTARS(ビースターズ) 第119話ネタバレ感想・まとめ
  • BEASTARS(ビースターズ) 概要
  • BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

BEASTARS(ビースターズ) 第119話ネタバレストーリー・あらすじ

大学を歩くオオカミの姿を見て、レゴシのことを思い出すハル。

カフェテリアでランチを一緒にする友達がやってくる。大学一年生の滑り出しは上々。高校時代のいじめられっ子の自分と決別しようとするハル。

遅れてきた友人にも笑顔で対応。レゴシのことなんか忘れようとするハル。

アコが、二人に彼氏を紹介したいと言い出す。

やっってきたアコの彼氏は、インドライオンのエアド。エアドは感じよく自己紹介する。

それを見て、固まるハル。

肉食獣だと分かった反応も新鮮だというエアド。これから異種族カップルはどんどん常識化するというエアド。アコは自分たちが進んでるから当然という。

しかし、ハルはレゴシと重ねて、アコたちを見る。

ハルはアコたちが、嘘だと見抜く。肉食獣と草食獣の本当の恋愛は、もっとつらくて苦しいことばかり。アコたちのように絶えず笑い会えるような簡単なものじゃなかった。でも、だからこそ、ハルはレゴシのことを好きだった。

アコは、肉食と草食の恋愛は危険視されているけど、その考え方は古い、自分たちみたいに理解しあっていれば全然成立すると批判する言葉にカチンとくるハル。

ハルは、軽くいわないほうがいいと反論する。

ハルは心の中では、大学生活でちゃんと友達づくりしようと思っていたから、このことに関しては口にしないほうがいいと思っていても口から言葉でてしまう。

肉食と草食が理解しあうだけでカップル成立するなら世間でこんなに食殺事件が頻発するはずがないという。心はどうやったって本能にはおいつかない。、アコは肉を求め続ける彼のカラダ丸ごと愛することが本当にできるのと問う。

レゴシのことでムキになってるハル。

アコとエアドはファッションで付き合ってると看破するハル | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第119話 漫画:板垣巴留

アコとエアドはファッションで付き合ってると看破するハル | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第119話 漫画:板垣巴留

ハルは、そもそもアコたちはファッションで付き合っているよねと核心を突く。

そんなこと言われてアコは席を立つ。

エアドは、嫌なこと言われたから当たるなというと、アコは唸り声のひとつでもあげなさいとエアドを叱咤する。エアドはハルのような意見の子もいると思うと否定はしない。エアドは、アコが怒っているのは図星だからだろという。

エアドは、互いに遊びなんだから癇癪起こすことじゃないという。

アコは、キスを要求する。エアドはため息つきながらアコの要求を飲む。

そして、アコは盛り上がり上着を脱ぐ。

その頃、ハルは、言いすぎたと反省する。言ったことは間違ってないと思うけど、友達カップルにいきなり物申すのは最悪だと自己嫌悪に陥る。羨ましかったんだろうと自己分析。レゴシに会いたいと思う気持ちを消し、アコに謝ろうとカフェテリアを出る。

外が何か騒がしい。騒ぎの中心に行くと、口の周りに血でべっとりのエアドと足元に倒れるアコ。エアドは涙目になって我を失っている。

本能を抑えきれなくなったエアドはアコを傷つけてしまう | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第119話 漫画:板垣巴留

本能を抑えきれなくなったエアドはアコを傷つけてしまう | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第119話 漫画:板垣巴留

BEASTARS(ビースターズ) 第119話ネタバレ感想・まとめ

ハルの心配がアコとエアドのカップルに起きてしまった。

LINEマンガ『BEASTARS(ビースターズ)』を読んで。

BEASTARS(ビースターズ) 概要

中高一貫のエリート学校・チェリートン学園内で、ある日演劇部の草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きる。テムと同じく演劇部部員であったハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。

BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。