キングダム 第611話ネタバレ感想『おかしな将だったギョウウン』

【画像】右翼の将として勝利を収めた信 | 引用元:キングダム 第611話 漫画:原泰久

【画像】右翼の将として勝利を収めた信 | 引用元:キングダム 第611話 漫画:原泰久

キングダム 第611話ネタバレストーリー・あらすじ

玉鳳隊に急報が齎される。

王賁がギョウウンを討った。

その急報にバンヨウ副長は涙する。

ギョウウン軍の旗を倒し、玉鳳隊と飛信隊の旗を掲げる。

信は、ギョウウンはおかしな将だったという。戦いの中で中華の話を俺たちにしてきた。

信は、ギュウウンに何かを感じる。

そこに河了貂がやってくる。

ギュウウンを打ち取ったことをを広め、趙左翼は総崩れになってきているという河了貂。

バナンジ軍も後退している。他は将を失って戦意喪失。

つまり、この戦場において、最後は信が右翼の将をつとめて勝ったという河了貂。

王賁は、本当の勝利は掴んでいないという。

河了貂は、そんなことはわかってる。だから、飛信隊は前方にナキを中心に隊を編成。歩兵団も騎馬隊本隊より先行して進んでいるという。

向かう先は、李牧のいる中央軍。

中央では、李牧中央軍と王翦中央軍が五分の戦いをしていた。王翦に分がある。蓁右翼が趙左翼を抜いて、李牧に迫ってきているから。

左の防壁は、金毛軍が担っている。森の中に隠れていた金毛が先行する飛信隊を射抜く。

【画像】金毛軍の待ち伏せを知らせるナキ | 引用元:キングダム 第611話 漫画:原泰久

【画像】金毛軍の待ち伏せを知らせるナキ | 引用元:キングダム 第611話 漫画:原泰久

ナキは、李牧軍の横腹に出るも待ち伏せを察し、右に展開する。

先頭の自分らは先陣よりも斥候の役割があるというナキ。これで飛信隊本隊が奇襲を受けることはなくなったという。

奇襲ができなくなった金毛軍は飛信隊を打って出る。

【画像】ナキの動きで金毛軍を察知する河了貂 | 引用元:キングダム 第611話 漫画:原泰久

【画像】ナキの動きで金毛軍を察知する河了貂 | 引用元:キングダム 第611話 漫画:原泰久

キングダム 第611話ネタバレ感想・まとめ

ギュウウンの言葉を聞いて「まるで」と言った信は、何を思ったのか。人の喋った言葉を聞いて「まるで」だから、人物だろう。

信に中華の話をしたのはエイセイだからエイセイと同じことを思ったのだろうか。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。