彼岸島 48日後… 第214話ネタバレ感想『勝次を救出する鮫島』

【画像】勝次を救出にきた鮫島 | 引用元:彼岸島 48日後… 第214話 漫画・松本光司

【画像】勝次を救出にきた鮫島 | 引用元:彼岸島 48日後… 第214話 漫画・松本光司

  • 彼岸島 48日後… 前回までのあらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第214話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第214話ネタバレ感想・まとめ
  • 彼岸島 48日後… 概要
  • 彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

彼岸島 48日後… 前回までのあらすじ

バンパイアウイルスがまかれ、ほとんどの人間が吸血鬼と化した日本。

明は吸血鬼たちの武闘会に出場し、最強の呼び声が高い姑獲鳥と対戦。

その激闘の最中、鮫島たちは敵に捕まりドームの天井に吊るされた勝次を救出に向かう…。

彼岸島 48日後… 第214話ネタバレストーリー・あらすじ

明が姑獲鳥と対峙している間に、鮫島たちも勝次救出に動き出す。

勝次を助け出せば、明も心置きなく戦える。

厨房で使えるものがないかと探す鮫島。フォークを見つけ、ないよりかマシだと手にする。

ネズミがロープを見つける。

人間を探す吸血鬼の集団が廊下を歩く音が聞える。

鮫島とネズミは隠れる。明が人間なら一人でくるわけがない。全員捕まえてやるとやっきになってる。

ゆかぽんはハンマーを見つけたという。刃物は鮫島が巣鴨でもらったカッターがあった。

鮫島たちは、観客席の最上段に行き、フォークを突き刺しながら壁を登っていく。天井の布のところまでいくとカッターで切り裂いて、天井内部へと入る。

【画像】吸血鬼に見つかったユカポンたち | 引用元:彼岸島 48日後… 第214話 漫画・松本光司

【画像】吸血鬼に見つかったユカポンたち | 引用元:彼岸島 48日後… 第214話 漫画・松本光司

鮫島はロープを垂らして、残りのものを引き上げる。ユカポンを引き上げている時に吸血鬼たちに見つかった。

最後のネズミが体にロープを撒きつけて、なんとか捕まらずに登る。天井内部の鉄柱を上っていく鮫島。

ネズミはここで待っていようというも吸血鬼たちが登ってくる。しかたなく、全員、鮫島と同じように鉄柱を上っていく。

下では、姑獲鳥に苦戦していた明。本来の戦闘スタイルに戻った姑獲鳥の動きが速すぎて反撃できないでいる。

牢屋に閉じ込められた勝次は、明に会いたいと涙を流す。

【画像】明に会いたいと呟く勝次 | 引用元:彼岸島 48日後… 第214話 漫画・松本光司

【画像】明に会いたいと呟く勝次 | 引用元:彼岸島 48日後… 第214話 漫画・松本光司

明と呟いた勝次に、明じゃなくて悪かったなと声をかける鮫島。

勝次救出にやってきた。

ロープで下がって勝次に顔を見せる鮫島。

牢屋の上部にある入り口の錠を破壊して、勝次を助け出す。

彼岸島 48日後… 第214話ネタバレ感想・まとめ

助けたはいいけど、吸血鬼に見つかってるんだから、ここからどうするんだ。鮫島たちだけは一旦ドームから逃げるのか。

それとも勝次の機転があって、事態は好転するのか。

【画像】勝次が入っていた檻の大きさ | 引用元:彼岸島 48日後… 第214話 漫画・松本光司

【画像】勝次が入っていた檻の大きさ | 引用元:彼岸島 48日後… 第214話 漫画・松本光司

勝次が閉じ込められている牢屋。当初より、縮んでない?

週刊ヤングマガジン『彼岸島 48日後…』を読んで。

彼岸島 48日後… 概要

『彼岸島』『彼岸島 最後の47日間』につづく3rdシリーズの幕が上がった!
雅によって吸血鬼ウィルスがまかれ、日本が血に飢えた化け物の国となってしまった。生き残った人たちは、いつ襲って来るかわからない吸血鬼に怯え、暮らしていた。そんな中、人間たちの間である男の噂が流れる。
「吸血鬼どもを斬りまくるとてつもなく強い男がいる」と‥‥。
果たして人間たちに吸血鬼どもを駆逐する逆襲の一手があるのか!?
新たな戦いが今、始まる!!

彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。