ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話ネタバレ感想『センチメンタル刑事』

【画像】山田が異動!? | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

【画像】山田が異動!? | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話ネタバレ感想・まとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~を連載している『モーニング』について

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話ネタバレストーリー・あらすじ

藤は、川合をつれて、自動販売機にコーヒーを買いにくる。

自動販売機の陰に隠れるように佇んでいる牧高。

牧高が「実は…」と切り出したのは、山田の異動の件だった。

衝撃を受けたも、捜査一係から鑑識係だということに落胆する藤。

鑑識係が、今回の異動で一人空く。鑑識は要なので、補充がしたい。新転入者に鑑識経験者はいない。交番の若手でも鑑識上級を持っている者はいない。

そこで、鑑識係の南係長が捜査一係の北条係長に山田をもらえないかという。

これまで現場で鑑識の手が足りない時、山田がよく手伝ってくれた。山田の写真の腕は結構いい。鑑識上級も持ってるし、少し鍛えれば即戦力だという。

そういうことで引き抜かれた。そのことで山田自身もすごく喜んでくれた。刑事をしていれば鑑識の大切はすごく痛感する。北条係長も那須部長も何より源も強く背中を押した。今の異動準備期間で山田は捜査と鑑識かけもち。

【画像】山田が異動するせいでセンチメンタル刑事モードになってるという | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

【画像】山田が異動するせいでセンチメンタル刑事モードになってるという | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

そんな山田の異動で、なぜ牧高がやつれた顔をしてるのかと問い詰めると、刑事課が、山田に「最後に」というフレーズで雑用を全部やらせていた。みんなが、センチメンタル刑事モードなので疲れちゃったという牧高。

藤の私的な見解では、刑事は仲間意識が強く、顔に似合わずロマンティストが多いという。見かけによらず。だから、牧高は、無理に表情を合わせなくてもいいという藤。

【画像】刑事はあの顔で仲間意識が強く、ロマンティストが多いという | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

【画像】刑事はあの顔で仲間意識が強く、ロマンティストが多いという | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

源の新しいペアはどうなるのか。看守係の上杉らしい。刑事課は、ガタイがよくて目立つタイプよりも、上杉のような派手さはないけど、頭の回転が速い若手が好き。元気なバカ系刑事は飽和状態だからと。

山田は上杉に引継ぎを始める。

北条係長は、部下のことばかり気にかけて自分は無理するタイプ。体調が悪そうな時は気付いてやれという。

那須部長は、源を調子付かせ、牧高を気遣い、山田の愚痴を聞く。激務と気遣いで一日笑うことがないときがあるから、一日一回、強制的に笑わせろという。

源に関してはないという山田。ただ信じてついていけと。

そして、異動内示日。

山田は捜査残留で、上杉が鑑識に異動ということに抗議する山田。

ここ数日の上杉を見て、飲み込みの速さから鑑識でもやっていけるだろうとなった。

川合がコピー用紙を持って歩いていると敷根に捕まる。異動の話題になり、香番組は動きがなかったという。

【画像】藤のパワハラのことを知らない敷根 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

【画像】藤のパワハラのことを知らない敷根 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

川合が藤部長が山田へのパワハラで異動になった時以来というと、敷根は「パワハラで異動」て何の話だと聞く。

藤部長が山田にパワハラは初耳だという。そもそも山田は源と藤に自分からしばかれにいってる気がする。通知文にも書いてあったけど、本当にパワハラなら署内異動ですむはずがないという敷根。

藤部長は、若い巡査部長だから、新任指導のため異動になっただけだろう。みんながいう冗談を真に受けすぎだという敷根。

【画像】藤のパワハラ異動って誰が言ってたのか記憶を辿る川合 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

【画像】藤のパワハラ異動って誰が言ってたのか記憶を辿る川合 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話 漫画:泰三子

川合は、パワハラ異動って誰が言ってたんだっけと記憶を辿る。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第84話ネタバレ感想・まとめ

ペンを落とす常習犯の山田に鑑識係が務まるのだろうかと思ったら、異動しなかったw

藤が異動になった理由は明らかにされてなかったのか。

この作品で、源が追い落としたりして、藤が異動になったとかそんな展開はないだろう。

しかし、源を庇って、藤が源のミス被って異動になったということもありえる。刑事が仲間意識が強いというのは藤も同じだった可能性は高いし、源がずっと藤に劣等感を感じている理由がこれまで明らかになってない(よね?)のは、負い目があるからなのか。

単純に、藤のほうが優れてるからの劣等感はあるかもしれないけど。

モーニング『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を読んで。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ

川合
町山警察署交番勤務の女性警察官。警察学校を卒業したばかりの新任警察官。

藤部長
町山警察署交番勤務の女性警察官。川合の指導員。

牧高
町山警察署勤務の女性警察官。藤部長が異動になって刑事課に配属された。

山田
町山警察署勤務の刑事課の男性刑事。


巡査部長。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要

ホワイトカラーにしてブルーカラー。労働基準法は適用外!安定収入を求めてたまたま警察官になった川合と、超美人&刑事部のエースながらパワハラで交番に飛ばされた藤部長。交番(=ハコ)勤務女子二人の警察官あるあるお仕事備忘録!

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を連載している『モーニング』について

『モーニング』は、講談社発行の週刊漫画雑誌。毎週木曜日発売。 現在も『モーニング』の連載陣の一翼を担っている弘兼憲史、かわぐちかいじ、うえやまとちといったベテラン執筆陣によって支えられた、いわゆる「大人漫画」の構成の特徴を持っていた。ストーリー漫画・4コマ漫画などを中心とする型破りな作風で話題を呼ぶ作品を輩出しており、ドラマの原作となる作品が多い。また成人が働く、さまざまな職業をありのままに描いた「職業漫画」が多いのも特徴の一つ。1990年代を通して、青年漫画のジャンルで漫画界をリードしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする