アオアシ 第169話ネタバレ感想『攻守コンプリートする葦人』

葦人がシュートを決めて攻守コンプリートする | 引用元:アオアシ 第169話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

葦人がシュートを決めて攻守コンプリートする | 引用元:アオアシ 第169話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 第169話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第169話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している無料WEBマンガ『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 第169話ネタバレストーリー・あらすじ

桐木にラストパスを出させ、ゴールを獲得するエスペリオン。

桐木のラストパスをパスコースも最高、バックスピンして遊馬の足元に戻すすごい技術だと褒め称える。

ゴールをもぎ取った遊馬には腹パンして祝福する桐木。

朝利も桐木をナイスアシストと称える。

竹島も桐木を信じていたという。

大友はもう一点いこうと自分たちのポジションに戻る。

大友、富樫、朝利、竹島に謝罪する桐木 | 引用元:アオアシ 第169話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

大友、富樫、朝利、竹島に謝罪する桐木 | 引用元:アオアシ 第169話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

桐木は大友を呼び止める。桐木は、大友だけではなく、富樫、朝利、竹島にも続けて頼むといい、ついでに謝罪する。

後半40分経過。エスペリオンと東京VANSの試合が再開される。

栗林は帰るという。エスペリオンは、主力を欠いたメンバーで桐木と1年の攻守がかみ合ってプレミア1勝。できすぎた結果だという。見るべきものは全てみたという栗林だったが、葦人を見て何かを感じる。それは福田も同じだった。

葦人の思惑を栗林がいち早く察する | 引用元:アオアシ 第169話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

葦人の思惑を栗林がいち早く察する | 引用元:アオアシ 第169話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

葦人を見て、栗林はすぐにわかった。葦人の位置取りが変わったことで、VANSの攻撃を読みきっている。読みきって自分の守備範囲のギリギリ前にでてきていると葦人のポジショニングを見て栗林は考える。

葦人は、桐木、遊馬、大友、富樫、朝利、竹島、今日の試合は最高だったと思う。自分も行けると感じていた。その葦人の感じを栗林も感じ取っていた。

「自分より強いヤツらを倒す」。このプレミアリーグの醍醐味が急速に葦人を成長させているなら、衝動のままにいってみろと葦人の気持ちを支持する栗林。

VANSからボールを奪ったエスペリオンは、桐木にボールを渡す。

遊馬をフリーにするために動くエスペリオンメンバー。

遊馬が無理なら桐木自身でミドルシュートを打つ。どちらにせよ速攻。葦人は見ていてた。

遊馬へのパスラインが厳しい。遊馬も桐木も不利な位置にいる。第二の選択は自分でミドルシュートを打つこと。しかし、桐木は、遊馬に出すことを考えていた。

桐木のパスコースに葦人が入ってくる | 引用元:アオアシ 第169話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

桐木のパスコースに葦人が入ってくる | 引用元:アオアシ 第169話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

桐木がパスを出す瞬間、葦人が見えた。

桐木は、上がってきた葦人にパスを出す。

葦人はダイレクトでシュートを打ち、ゴールネットを揺らす。

試合終了

エスペリオン2-0東京VANS

後半36分 本木遊馬
後半44分 青井葦人

アオアシ 第169話ネタバレ感想・まとめ

案外あっさりと葦人がシュートを決めた。これで本当に攻守コンプリートなのか。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。