五等分の花嫁 第102話ネタバレ感想『一花のファーストキス』

【画像】キスされて嬉しかった?と風太郎に聞く一花 | 引用元:五等分の花嫁 第102話 漫画:春場ねぎ

【画像】キスされて嬉しかった?と風太郎に聞く一花 | 引用元:五等分の花嫁 第102話 漫画:春場ねぎ

  • 五等分の花嫁 第102話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 五等分の花嫁 第102話ネタバレ感想・まとめ
  • 五等分の花嫁 概要
  • 五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

五等分の花嫁 第102話ネタバレストーリー・あらすじ

一花は、勢い良く張り飛ばす。

平手を食らわしたのは俳優の男。

そこは撮影の現場だった。

監督からOKをもらう一花。

撮影が終わり、マネージャーから学園祭二日目に妹が倒れたと連絡が入ったと聞かされ、病院へ急いだ。

元気そうで安心したと一花は病室を出る。出たところで、二乃と風太郎と遭遇する一花。一花は、みんなの様子を聞くと一旦落ち着いたところだという。

二乃は、文化祭の後片付けがあるから学校に戻るという。一花を送っていくようにと風太郎に頼む。

二人は少し散歩する。

花火大会の会場を見て、意外と広かったんだという一花。屋台も人もいなくなると確かに広くなる。無人てわけではないけどと、路地裏などでイチャイチャするカップルがいる。気持ちはわかるという一花。

学園祭の真っ最中。カップル成立もこの三日間が多い。その中でも特にすごいのが三日目の後夜祭。

風太郎もそれを狙ってあんなことを言ったのだと思ったという一花に、そんな世間の風潮に流されるような奴に見えるかと聞き返す風太郎。

一花は、風太郎は硬派に見えて、俗っぽいところがあると指摘。高級車の見たら覗きこむ。久しぶりの旅行にテンションを上げる。山頂でヤッホーと叫ぶなど。そこが可愛いとこでもあるという一花。

そういう素直な気持ちを大切にしてほしいという。だから、誰も選ばないなんていわないでほしいと。

【画像】五人と誰とキスしたら嬉しいと風太郎に聞く一花 | 引用元:五等分の花嫁 第102話 漫画:春場ねぎ

【画像】五人と誰とキスしたら嬉しいと風太郎に聞く一花 | 引用元:五等分の花嫁 第102話 漫画:春場ねぎ

昨日のキスの話を持ち出す一花。二乃、三玖、四葉、五月、誰だったら嬉しいか。

自販機を見つけ、一花は風太郎の好きなのを買ってきてほしいと風太郎にお使いを頼む。

どれでもいいと思っていた風太郎だが、一花は、紅茶が二乃、お茶が三玖、ジュースが四葉、コーヒーが五月だという。

買えなくなる風太郎。

それから10分も経ってるのに買えない風太郎。

風太郎がベンチに戻ってみると一花は寝ていた。

ダサイところを見せたが、いつもこんな感じだった気がするという。長男に長女、お互い苦労した。そういうと一花の唇見て意識してしまう風太郎。

目を覚ました一花は、自分の唇を見ていたでしょと風太郎に聞く。

一花は、風太郎の襟首を掴み引き寄せ、キスをする。

【画像】風太郎にキスして「私だった?」と聞く一花 | 引用元:五等分の花嫁 第102話 漫画:春場ねぎ

【画像】風太郎にキスして「私だった?」と聞く一花 | 引用元:五等分の花嫁 第102話 漫画:春場ねぎ

一花は、あのキスは私だったかと風太郎に聞く。

そのためだけにキスしたのかと聞く。一花は演技で慣れてるだろうけどと風太郎がいうと、一花は演技でしたのは女の子同士。男の人のキスはNGだから、風太郎が初めてだという。

一花は、嬉しかった?と聞く。

風太郎は顔を赤くして、上から目線と指摘。

素直な気持ちを大切に。風太郎が誰を選ぼうと関係ない。この気持ちはまだしばらく静まりそうもない。

五等分の花嫁 第102話ネタバレ感想・まとめ

ここまで風太郎に話しちゃって一花は、自分からあの時の変装五月のキスは自分でないと風太郎に教えてるようなもの。

【画像】風太郎が初めての相手だと告白する一花 | 引用元:五等分の花嫁 第102話 漫画:春場ねぎ

【画像】風太郎が初めての相手だと告白する一花 | 引用元:五等分の花嫁 第102話 漫画:春場ねぎ

今回のエピソードの最後に自分で言ってるけど、一花は、風太郎にそう思われても今は自分の思いをまっすぐに表現するほうが良いと思ったということなんだろうな。

週刊少年マガジン『五等分の花嫁』を読んで。

五等分の花嫁 概要

結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の上杉風太郎は妻と初めて出会ったときを思い出す。

当時、高校2年生の風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。ある日、風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。

五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。