キングダム 第614話ネタバレ感想『李牧の起死回生の戦術』

【画像】李牧の起死回生の戦術 | 引用元:キングダム 第614話 漫画:原泰久

【画像】李牧の起死回生の戦術 | 引用元:キングダム 第614話 漫画:原泰久

  • キングダム 第614話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第614話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第614話ネタバレストーリー・あらすじ

秦軍右翼が、趙軍中央軍に横撃できたことで、秦軍中央軍が勢いづく。

デンリミ軍の部隊が敵防壁を打ち破ったと報告を受け、デンリミはそのまま総力をあげて押し込もうとする。

ソウソウ軍もデンリミ軍に負けず劣らず、李牧軍の防壁を崩しにかかる。

カイネ隊は、秦軍の猛攻に抗戦するも人手足りず、予備軍をまわすように部下に言われるが無理だと答えるカイネ。予備軍は、すべて、左から来た、秦軍右翼の飛信隊を迎撃するために向かっている。

李牧は、左の飛信隊の戦況、デンリミ軍、ソウオウ軍の状況の報告を聞きながら、自分が放ったフテイの突撃にかける。

デンリミ軍とソウオウ軍の間を抜けて、李牧軍に防壁を突破されたことを確認するデンリミとソウオウ。

李牧軍は部隊を回りこみさせて、背後から攻める気かと考えるソウオウ。デンリミも同じ考えにいたったが、李牧軍の部隊は直進を続けた。

後ろに配置される王翦本陣を狙っているのか。

数百騎では五千からなら王翦本陣は落とせない。

捨て身の誘い。

【画像】フテイ隊の戦術を捨て身の誘いだと考えるデンリミとソウオウはその手に乗らない | 引用元:キングダム 第614話 漫画:原泰久

【画像】フテイ隊の戦術を捨て身の誘いだと考えるデンリミとソウオウはその手に乗らない | 引用元:キングダム 第614話 漫画:原泰久

別働隊を出して、フテイ隊を始末するのは容易いが、その分、攻めの力が弱まる。それが李牧の防御術だと読み、デンリミもソウオウもフテイ隊を負わずに、李牧本陣の攻めを強める。

王翦軍の追手がないことを確認し、それも李牧の読み通りだと、自分の主の頭のキレに感服する。

フテイはそのまま王翦本陣に食らいついていく。

李牧軍の防壁はより一層激しさを増し、秦軍が阻まれる。

王翦本陣に向かったフテイは、王翦本陣に突撃していた。

王翦本陣でも、突撃してきたフテイ隊は強いが、あれでは本陣は落とせないと判断。珍しく李牧が無意味なことをしたというも王翦は、無意味なことはしないという。

地響きが聞こえてくる。

【画像】突然現れて王翦本陣を横撃してくるバナンジ軍 | 引用元:キングダム 第614話 漫画:原泰久

【画像】突然現れて王翦本陣を横撃してくるバナンジ軍 | 引用元:キングダム 第614話 漫画:原泰久

王翦本体の右側から趙軍が突然現れた。

やってきたのはバナンジ軍。バナンジ軍の急襲は、デンリミ、ソウオウ、飛信隊にも伝わった。

李牧は、挟撃には挟撃で返す戦術を練っていた。

キングダム 第614話ネタバレ感想・まとめ

バナンジは確かに、後ろに後退した。

後退したバナンジ軍は亞光軍が押し込んでいた。アカキンが減ったことで亞光軍の勢いも弱まったとしても、バナンジ軍が反対側までこれるほどの状況なのだろうか。戦場ですでに戦い、戦っている最中の部隊が誰にも知れずに、敵本陣まで移動できるだろうか。

カンコクカンで見せた李牧の戦術のように、バナンジ軍が亞光軍と戦いなら、背後に回って王翦本陣を打つための裏部隊を少しずつ太らせていったということなのか。

もし、亞光軍を壊滅させてから王翦本陣に向かったとするなら、少なくとも亞光軍からの伝令で、秦軍右翼の責任者の飛信隊の耳に飛びこむか、王翦本陣までもどってくるだろう。そんな伝令兵すらも完全に全員潰したということなのだろうか。

【画像】フテイ「李牧様すごい!すごい!」 | 引用元:キングダム 第614話 漫画:原泰久

【画像】フテイ「李牧様すごい!すごい!」 | 引用元:キングダム 第614話 漫画:原泰久

出た。フテイの「李牧様すごい!すごい!」。

なんだろ、一時期の昌文君の顔芸みたいな立ち位置なのだろうか。昌文君が一時期、ほとんど活躍も重要なセリフもなく、驚愕の顔だけで登場し続ける時期があった。最初はコマがうるさくなるだけだと思っていたが、次第になんだか面白くなってきた。そんな効果を狙っているのだろうか。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。