魔入りました!入間くん 第124話ネタバレ感想『バチコとの特訓の成果』

【画像】バチコの修行をやり遂げた入間に満面の笑みのバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第124話 漫画:西修

【画像】バチコの修行をやり遂げた入間に満面の笑みのバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第124話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第124話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第124話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第124話ネタバレストーリー・あらすじ

バチコとの弓の修行中の入間。

自分の弓矢を作り出すことに成功した入間は、空き缶を目標に矢を発射する。

入間の矢は空き缶にヒットしたものの、空き缶ではなく、矢のほうが水のようにはじけて崩れる。それを見て大爆笑するバチコ。

バチコは、やり方は間違っていないが、弓矢に入間の指令が伝わっていないという。魔術の基本は「こうしてぇ」というイメージ。入間の欲を羽根に込めて弓を生んだはず。その時に願ったはと「敵を撃つ」ことではないのかと聞かれる入間。

【画像】弓矢に入間の指令が伝わっていないと指摘するバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第124話 漫画:西修

【画像】弓矢に入間の指令が伝わっていないと指摘するバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第124話 漫画:西修

集中力を高めて、理想の弓にしなければならないというバチコ。集中力が最も高まる状況といえば、圧倒的な危機。生死の瀬戸際こそ、集中力は爆上がりするという。

感ではなく、獅子型魔獣だと勘違いしろというバチコ。

バチコは、獅子のイメージは手助けしてやると空き缶に獅子のイメージをつくる。その獅子で入間を襲う。

バチコは、入間に集中しろという。

なんとか修行の成果がでて、なんとか空き缶を射抜けた入間。

バチコは、空き缶を元の場所に戻し、あと99回修羅場を想像しろと修行続行する。

【画像】弓矢と一緒に修羅場のイメージで特訓を続ける入間 | 引用元:魔入りました!入間くん 第124話 漫画:西修

【画像】弓矢と一緒に修羅場のイメージで特訓を続ける入間 | 引用元:魔入りました!入間くん 第124話 漫画:西修

そうして、入間は弓矢の修行に励んだ。

優勝できなかったら一生パシリだとバチコに言われた入間。

今、目の前にモンスターがいる。

入間は、両親が怖いんじゃない。バケモノが怖いんじゃない。

体が拒絶するほど怖いのは、みんなと一緒にいられなくなること。

自分の居場所を守る。そのために射抜けと弓矢に伝える入間。

【画像】みんなといられる自分の居場所を守るために矢を放つ入間 | 引用元:魔入りました!入間くん 第124話 漫画:西修

【画像】みんなといられる自分の居場所を守るために矢を放つ入間 | 引用元:魔入りました!入間くん 第124話 漫画:西修

放たれた矢はバケモノを貫く。

実際に貫かれたのはそれほど大きくないクモのような魔獣だった。入間は幻覚だったと知ると、上の両親も幻覚だろうと考える。

入間は気分を入れ替え、みんなのもとに帰ろうと考える。そして、人間だから、最強の悪魔を決めるこの祭りで優勝してやると意気込む。

魔入りました!入間くん 第124話ネタバレ感想・考察まとめ

思いは、みんなと一緒にいることだけど、弓矢の能力としてはシンプルに弓矢の機能しかないのか。物体を射抜く。つまり、攻撃のみの効果か。入間だったら何か、攻撃以外の効果もあるのかなと想像してたけど。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。