ふたりソロキャンプ 第24話ネタバレ感想『パッキングのセオリー』

【画像】厳のパッキング講座 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

【画像】厳のパッキング講座 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

  • ふたりソロキャンプ 前号までのあらすじ
  • ふたりソロキャンプ 第24話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ふたりソロキャンプ 第24話ネタバレ感想・まとめ
  • ふたりソロキャンプ 概要
  • ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

ふたりソロキャンプ 前号までのあらすじ

亡き父を偲ぶ日も過ぎ、雫との次なるキャンプへ向かう厳。

久々のふたりソロキャンプに訪れた雫はちょっとうれしそう?

それもそのはず。ついに自分のザックを買ったから!

だけど、まだ買っただけ。ザックの正しい使い方叩き込みます!

ふたりソロキャンプ 第24話ネタバレストーリー・あらすじ

雫の新しいザックを見て、厳はザックの背負い方も荷物の入れ方もなってないと指摘する。

厳は、ザックの扱いにはある程度のセオリーがある。それを守らなければ、満足に使ってやることができない。

道具は正しく使って初めてその真価が出る。

ザックの重量の7割は「腰で持つ」とされている。雫の担ぎ方だと肩に負担がかかっていると指摘。

ザックを買うときは店員に聞いたほうがいいという。厳いわく、アウトドアショップの店員は好きでそういうところに働いている場合が多いから、ちゃんと聞いたら喜々として教えてくれるという。

ザックを体にアジャストしていく。ザックの要「腰のウエストベルト」を締める。重量をしっかり支えるように腰骨の上に乗るような位置。

次に肩。ショルダーベルトを締める。体にフィットするように締めていく。空間があるとザックがぐらつき、ムダな疲れの原因にもなるいs、ふらつき危険。

次に、リフトストラップ。これでさらに体にフィットしていく。最後が胸のチェストベルトになる。これは軽く締めれば良い。チェストベルトを締めすぎると呼吸しづらくなって疲れてしまう。

厳のいうとおりにしたら、ザックが軽くなった。

登山と違い、長時間背負うことがないが、重量は重くなりがちなので正しく持つことで体の負担は軽くできる。移動がつらくなると、行くこと自体が億劫になりかねないと指摘する厳。

次は、ザックの荷物のつめ方。いわゆる「パッキング」について。

厳は、自分の荷物で説明するという。一度、ザックに入っているものを全て出して並べる。

【画像】パッキングの第一のセオリー | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

【画像】パッキングの第一のセオリー | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

第一のセオリー「ザック内の重量配分」。

「軽い物は下に、重い物は上に」。そして、「体に近づくほど重いものに」だと説明する。

これは重心をコントロールするため。ザックを背負ったときに前傾姿勢になりやすい。そのために重い物が上のほうが重心が一直線になりやすい。左右バランスも重要。左右バランスはシンメトリーに近づけるおんが望ましい。

【画像】パッキングの第二のセオリー | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

【画像】パッキングの第二のセオリー | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

第二のセオリー「ザック内に隙間を作らない」。

重量バランスを守っていても隙間があると移動時に崩れて、バランスを保てなくなる。重心の安定は疲れを減らすだけでなく転倒などの不慮の事故、怪我の防止にもなるから強く意識したほうが良い。

ただ、防寒着やレインコート、救急キットなどは、このセオリーに当てはまらない。すぐに取り出せたほうが良い。

また、銃刀法や軽犯罪法の懸念もある刃がついているものは取り出しづらい場所に入れる。職質されても安全性を謳うことができる。

雫はなんとなくわかったというと、厳はそれで十分という。所詮セオリーはセオリー。様々なギアがあるように、パッキングもまた様々。正解はない。自分の中でやりながら見つけていくしかないという。

それが楽しいと笑う厳。

厳は、一通り、パッキングの説明をしたら、日中はやりたいことがあるから邪魔するなと雫にいう。

ルールその4。独りになりたい時間を邪魔しないこと、と雫は復唱する。

雫は、今回のキャンプ料理のテーマは「中華」だという。キャンプでは馴染みがないという厳に、なのであえてという雫。

油や細かい調味料がネックなると思う。野外では処理のこともあってハードルが高い。それらへんを抑えつつ、美味しい中華を作りたい雫。

調理に時間がかかるので、とりあえずと出してきたのは、鶏ハムの香味ジャンかけ。

【画像】「鶏ハムの香味ジャンかけ」のレシピ | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

【画像】「鶏ハムの香味ジャンかけ」のレシピ | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

鶏ハムの香味ジャンかけに笑顔になる厳。

ふたりソロキャンプ 第24話ネタバレ感想・まとめ

厳が、セオリーだの、正しい○○だの、言い出しても結局は、「正解はない」「自分で見つけていくのが楽しい」というところに到達し、雫にもそう接してるところが素敵だと思う。

【画像】正解はなく、自分で見つけていくのが楽しいという厳 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

【画像】正解はなく、自分で見つけていくのが楽しいという厳 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第24話 出端祐大

イブニング『ふたりソロキャンプ』を読んで。

ふたりソロキャンプ 概要

樹乃倉厳、34歳。自然を愛し、CAMPを愛すキャンパーである。ただ、「ソロ」である。独りで楽しむ「ソロキャンパー」なのである。たがそこに闖入者が現れ、ゲンの静かなキャンプLIFEは混乱を極める!

ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

『イブニング』は、講談社が発行する月2回刊青年漫画誌(創刊時は月刊誌)。毎月第2・第4火曜日に発売。基本的にオリジナル新作の連載が主体であるが、月刊誌時代は既存作品の続編作品の連載と読切作品の掲載が中心であった。本誌創刊後は『モーニング』における職業ものの社会派作品の比率が高くなったため、同誌で従来扱っていたギャグ漫画ものやスポーツ漫画・SF漫画など娯楽性の濃い青年漫画の新規作品、あるいは読切作品が本誌および『モーニング・ツー』で扱われる傾向にある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする