五等分の花嫁 第103話ネタバレ感想『二乃の文化祭』

【画像】風太郎の父親と二乃たちの父親は学生の時の腐れ縁 | 引用元:五等分の花嫁 第103話 漫画:春場ねぎ

【画像】風太郎の父親と二乃たちの父親は学生の時の腐れ縁 | 引用元:五等分の花嫁 第103話 漫画:春場ねぎ

  • 五等分の花嫁 第103話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 五等分の花嫁 第103話ネタバレ感想・まとめ
  • 五等分の花嫁 概要
  • 五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

五等分の花嫁 第103話ネタバレストーリー・あらすじ

二乃が過ごした学園祭。

舞台を終えた二乃。二乃の人気はすごく。一花が二乃に変装して広場で見つかったことを口にして広場に急ぐ二乃ファン。

それを聞いた本物の二乃は、今教室にいる自分が、広場にいるということはどういうことだと思う。一花が変装してるなんて知らず。

二乃は、謎解きにてこずっていた。友達は二乃の15時の約束の時間と同じ時間に親が学園祭にくるというらしい。それを聞いた二乃は友達に、親に会いに行ったほうがいいという。

二乃の優しさに感謝して友達二人は親のところへ向かう。

一人になった二乃は、謎解きの壁から抜け出せなかった。

そこに風太郎がやってくる。約束の時間がもうすぐだからと四葉と迎えに来た風太郎。

謎解きの出題を見た風太郎はあっさりと解く。

風太郎は、二乃に舞台の目立つ衣装をいつまで来ているとつもりだと指摘すると、見てほしかったという。

四葉は、二乃が可愛かったと風太郎に同意を求める。

二乃は四葉の代役だという。四葉は誰にでもいい顔して仕事引き受けすぎだと二乃に注意される。

二乃は、舞台を引き受けた理由は、舞台の上からなら観客が見渡せると思ったという。

招待状を送った父親の姿は見つけられなかった。

それを聞いた風太郎は、屋台のほうに来てるかもといってみるも、屋台はもう売り切れで閉店してる。

【画像】二乃たちの父親の姿が見えず直電しようとする風太郎 | 引用元:五等分の花嫁 第103話 漫画:春場ねぎ

【画像】二乃たちの父親の姿が見えず直電しようとする風太郎 | 引用元:五等分の花嫁 第103話 漫画:春場ねぎ

風太郎は、直電すると電話をしはじめようとすると二乃がとめる。元から期待していないからと。

風太郎は、勇気を出して招待状を送った二乃の気持ちを代弁し、納得できないという。

そこに風太郎の父親とらいはがやってくる。

父親は、マルオを見ない、帰ったのかと風太郎に聞く。この前、マルオの部屋に学園祭の手紙が置いてあったから来てると思ってたという。二乃の招待状は読んでくれてることがわかった。

それよりも、風太郎の父親と二乃たちの父親は知り合いだと初めて知る風太郎たち。

学生からの腐れ縁で、風太郎の父親がアウトロー。二乃たちの父親は不動の学年トップで生徒会長だったという。

【画像】マルオも少しずつ歩み寄っているという風太郎の父親 | 引用元:五等分の花嫁 第103話 漫画:春場ねぎ

【画像】マルオも少しずつ歩み寄っているという風太郎の父親 | 引用元:五等分の花嫁 第103話 漫画:春場ねぎ

風太郎の父親は、父親はめんどくさい生き物で、マルオ自身のめんどくささも加わって二倍めんどくさいが、二乃たちが心を開いていったように、マルオも少しずつ歩み寄っているはずだという。

しかし、風太郎は、このままこなければ直接文句を言いに行くという。

【画像】学園祭で姿を見せなかったら、直接抗議するという風太郎 | 引用元:五等分の花嫁 第103話 漫画:春場ねぎ

【画像】学園祭で姿を見せなかったら、直接抗議するという風太郎 | 引用元:五等分の花嫁 第103話 漫画:春場ねぎ

二日目。

店長が二乃のところにやってくる。

巨大モニターには三玖のインタビューが映る。それを見るマルオ。

マルオはかかってきた電話にとる。そして、すぐに行くと返事をする。

学園祭二日目終了のアナウンスが鳴る。

風太郎がバイクで、二乃を迎えにくる。

父親のところに行こうという。

五等分の花嫁 第103話ネタバレ感想・まとめ

マルオは、学園祭まできたけど、三玖のインタビュー映像だけ見て、帰ったのか。。。

週刊少年マガジン『五等分の花嫁』を読んで。

五等分の花嫁 概要

結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の上杉風太郎は妻と初めて出会ったときを思い出す。

当時、高校2年生の風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。ある日、風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。

五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。