ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話ネタバレ感想『児童虐待と母親の実情』

【画像】母親を離れ離れになったと思ってママ好きだと訴える幼児 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話 漫画:泰三子

【画像】母親を離れ離れになったと思ってママ好きだと訴える幼児 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話 漫画:泰三子

  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話ネタバレ感想・まとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~を連載している『モーニング』について

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話ネタバレストーリー・あらすじ

居眠りする益田が注意される。

子供の夜泣きのお守りで寝てないのかと聞かれる。3児の父はつらいねと同情されて、仕事はカナに引き継いで帰っていいと言われるも益田は気合が足りなかったと謝罪し、仕事を続けるという意気込み。

係長は、カナに益田の奥さんは専業主婦だよなと確認しつつも、一晩中益田に子守をしているのかというと、「主婦は夜寝られないなら、昼寝ればいい」なんていったらギロチンものだと言い返す。

しかし、この仕事は、「寝れず食えず」の事態はいつはいってくるかわからないと心配する。

カナは、自分たちはロボコップ。何も考えず仕事するのみだといい、係長にも復唱させるカナ。

幼児が一人で歩いているのを保護したと通報が入る。藤と川合がその子を署まで連れてい来る。

益田は、保護された子を取調室に案内する。

藤は、保護された子の体臭や服装から虐待の可能性を予想する。

藤は、別件で交番に戻るから、保護した女の子を川合に担当させる。

川合は、取調室で保護された女の子に話しかけるも無言の女の子。

どうやって心を開かせていいかわからない川合。女の子のお腹が鳴る。しかし、子供はどんなアレルギーを持っているかわからないから、話せないような小さい子には、基本的に水以外はあげないようにという藤の忠告を思い出す。

仕方なく、川合は水を買ってきた。

川合の会話作戦も空しく、女の子は無言で取調室から出ようとする。部屋を出ると源と山田がいた。川合は源に助けを求める。

源は、女の子の心をすぐに開かせた。源は、女の子に怪我がないか、川合に調べさせるというと、女の子は源がいいという。しかし、女の子の体見るの恥ずかしいからという。お話できたら川合が好きなもののモノマネしてくれると約束する源。女の子は「アリ」だと応える。

女の子をその気にさせて、川合にバトンタッチする源。

川合は、源を見習って、子供を見上げながら肩の力を抜いてヘラヘラしていたようにやってみる。

【画像】母親から虐待を受けているという幼児 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話 漫画:泰三子

【画像】母親から虐待を受けているという幼児 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話 漫画:泰三子

どこか痛いところある?と聞くと、腕と太ももにアザがあった。誰にやられたのかと聞くと「ママ」と応える。

川合はカナに報告する。いま、母親が署に来て、益田が取り調べているという。

児童相談所で一時保護になりそうだという。川合も担当官として、児童相談所まで同行するように言われる。

車内、ベビーシートで眠っている女の子。川合は未熟な自分にキズを見せてくれたり、話してくれたことに感謝する。

一時でも母親から離してあげられてよかったと思う。

児童相談所に女の子を引き渡し、ここは安全だからねと去ろうとする川合に女の子は「ママ好き」だとつぶやく。涙を流して「ママ大好き」だと訴える。

署に戻ると保護された子の母親を見る川合。夫は単身赴任で、両親とも疎遠で一人で三歳児を見ているうちに疲れ果てて、たまに手がでるようになったという。川合は、怖い女の人を想像していたけd大人しそうな小さな人だったことにショックを受ける。

児童相談所で、女の子が母親と別れさせられたことに気づき、「ママ好き」だと必死に訴えてきた。もし、子供の気持ちに寄り添っていられたら、母穂の優しい腕の中に戻れていたかもしれないと反省する。

あの子は、私を恨んでいるだろうかというと、カナはヒラの警察官ごときが何責任感じてるんだと一蹴する。

児童虐待やDV案件、デリケートだけど凶悪事件に発展しやすいこの手の案件は、時に守る人の感情を無視してでも警察はやらなきゃいけないことがあると川合を諭す。

取調室の様子を川合に見させる。

益田は、一人で三歳児をずっと見るのは無慈悲だと嘆く。俺が稼いだ金で、嫁がやりくりして作ってくれたメシを、床バーン。父母がつないだ愛情を、笑顔でバーン。

子育て支援サービスがいろいろあるから、お母さんはもっと楽する努力を惜しまないでと共感する益田。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話ネタバレ感想・まとめ

ホント、益田くんの言うとおり、幼児の子育ては大変。無慈悲というか、その場の感情で床バーンしちゃうからな。

【画像】子育て母親に共感する益田 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話 漫画:泰三子

【画像】子育て母親に共感する益田 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話 漫画:泰三子

駅のエスカレーターで片側に寄っていて子供と手はつないでいたが、子供が少し真ん中当たりまで体がでてただけで、歩いてエスカレーターをあがる大人に大きな舌打ちされる。中年おっさんのサラリーマンかと思ったら着物を着た女性だった。

これの正解は、子供が片側からはみ出さないようにエスカレーターに搭乗中はずっと体を抱きしめ続けることなのか。

バスの搭乗時、寝ていた子供をベビーカーから抱き上げ、子供を抱っこしながら片手でベビーカーを畳んでいる数秒の間に後ろから「おせーんだよ!早くしろよ!」の怒声。初老の男性だった。

これの正解は、バスが来る前から寝ている子をベビーカーから抱き上げ、ベビーカーを畳んでバスを待つべきということなのか。

どちらとも通勤ラッシュの時間帯ではない。数秒待てば解決されるようなことに、どんだけ余裕がないんだ。外では、どんなに気を使っても非難されることはあるし、そもそもそんな気を使わなければならないことがおかしい。

家にいれば、無慈悲な帝王(子供)が暴れていうこと聞かないし、話も通じない。

家でも外でもどこにいても気が休まるところが一切ない。一人で子育てしてる親はノイローゼ寸前になるのはわかる。

【画像】子育ての母親の実情 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話 漫画:泰三子

【画像】子育ての母親の実情 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第87話 漫画:泰三子

児童虐待に行く前になんとかできる状態に持ち直せばいいんだけど。一人で子育てしてる相談する相手もいない場合もあるから難しい。

モーニング『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を読んで。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ

川合
町山警察署交番勤務の女性警察官。警察学校を卒業したばかりの新任警察官。

藤部長
町山警察署交番勤務の女性警察官。川合の指導員。

牧高
町山警察署勤務の女性警察官。藤部長が異動になって刑事課に配属された。

山田
町山警察署勤務の刑事課の男性刑事。


巡査部長。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要

ホワイトカラーにしてブルーカラー。労働基準法は適用外!安定収入を求めてたまたま警察官になった川合と、超美人&刑事部のエースながらパワハラで交番に飛ばされた藤部長。交番(=ハコ)勤務女子二人の警察官あるあるお仕事備忘録!

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を連載している『モーニング』について

『モーニング』は、講談社発行の週刊漫画雑誌。毎週木曜日発売。 現在も『モーニング』の連載陣の一翼を担っている弘兼憲史、かわぐちかいじ、うえやまとちといったベテラン執筆陣によって支えられた、いわゆる「大人漫画」の構成の特徴を持っていた。ストーリー漫画・4コマ漫画などを中心とする型破りな作風で話題を呼ぶ作品を輩出しており、ドラマの原作となる作品が多い。また成人が働く、さまざまな職業をありのままに描いた「職業漫画」が多いのも特徴の一つ。1990年代を通して、青年漫画のジャンルで漫画界をリードしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする