五等分の花嫁 第104話ネタバレ感想『父親にパンケーキをご馳走する二乃』

【画像】キス後の二乃の決めセリフ | 引用元:五等分の花嫁 第104話 漫画:春場ねぎ

【画像】キス後の二乃の決めセリフ | 引用元:五等分の花嫁 第104話 漫画:春場ねぎ

  • 五等分の花嫁 第104話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 五等分の花嫁 第104話ネタバレ感想・まとめ
  • 五等分の花嫁 概要
  • 五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

五等分の花嫁 第104話ネタバレストーリー・あらすじ

文化祭にやってこなかった父親に文句をいってやると、二乃を連れて父親のところにいこうという風太郎。

しかし、二乃は、招待状を読んだ上でこなかったのは、娘たちのことを微塵も考えていないということ。明日も学園祭もあるけど、嫌だという二乃。叶わないなら望んだことすら後悔しそう。

風太郎は、二乃たちの家族のことはよく知らないが、普通の親子関係とは違うことはわかる。父親の風太郎に対する警戒心はめちゃくちゃ怖い。あれが父親の目。娘への愛情がなければできない目。だからお前ら家族はめんどくさいといってやるという。

そこに風太郎と尋ねて女子がやってくる。風太郎に依頼された特徴の一致する人物を映像の中で見つけたという。

映像には、二乃たちの父親が映っていた。文化祭のインタビューでマイクを向けられる父親の姿。父親は、インタビューに答えず消えていく。しかし、間違いなく父親だった。

二乃は、父親のところに連れて行ってほしいと風太郎に頼む。

風太郎のバイクで病院に向かう。

病院で父親に娘を返しにきたという風太郎。

風太郎は、文化祭のことを切り出そうとするも、父親は暗くなる前に帰りたまえという。

二乃はもうすぐ焼けるからと、ホットプレートでパンケーキを焼いている。父親に食べさせたくて。

パンケーキを見て、二乃たちの母親・零奈のことを思い出すマルオ。

【画像】零奈のことを溺愛するマルオ | 引用元:五等分の花嫁 第104話 漫画:春場ねぎ

【画像】零奈のことを溺愛するマルオ | 引用元:五等分の花嫁 第104話 漫画:春場ねぎ

病状の零奈はマルオに感謝しているという。でも貴重な時間を余命僅かな自分に注ぐことはしないでほしいというも、マルオは一分一秒でも長く生きてほしいというマルオ。いなくなったら娘さんたちも寂しくなるという。

零奈は、娘たちだけが心残り。成長を見届けることが使命。退院できたら、パンケーキをご馳走するとマルオに約束する零奈。

二乃は完成したパンケーキを出し、生地は三玖が作ったと添える。料理が下手な三玖が目指すものを見つけて頑張ってる。三玖だけじゃない。五人全員があの頃より大きくなった。成長をそばでみてほしいと訴える。

マルオは、娘たちを遠ざけることで、零奈の死を避けていたのかもしれないと、二乃の焼いたパンケーキを口にする。

マルオは、次は家族全員で食べようという。

その言葉に涙を浮かべる二乃。マルオは、これは風太郎の計画かと問う。違うというも二乃がかぶせるように風太郎が連れてきてくれたという。

マルオは、家庭教師の範疇を超えていると主張。しかし、自分にはできなかったこと。風太郎に頼んで心からよかったという。

二乃は、マルオが思っている以上に風太郎はしっかりしていると褒める。二乃は風太郎に感謝する。その時、足をひねって体勢がよろめく二乃。助けるために二乃の体を抱く風太郎。その反動で、キスしそうになる。

【画像】転倒しそうになる二乃を抱き支える風太郎 | 引用元:五等分の花嫁 第104話 漫画:春場ねぎ

【画像】転倒しそうになる二乃を抱き支える風太郎 | 引用元:五等分の花嫁 第104話 漫画:春場ねぎ

そこに部屋をでてきたマルオ。風太郎はアブねーと二乃と体を離す。

風太郎は取り繕うと、マルオは去っていく。

風太郎は、ギリギリセーフだったと二乃に大丈夫かというと、二乃は突然、風太郎にキスをする。

恋は攻めてこそ、という二乃。

五等分の花嫁 第104話ネタバレ感想・まとめ

マルオは、零奈の死を受け入れられなくて娘たちを遠ざけていたのに、娘たちを引き受けたのは何でなんだろう。ここ10話ぐらいからみ始めたんだけど、過去にそこの部分語られてるのかな。

【画像】風太郎に対する警戒心 | 引用元:五等分の花嫁 第104話 漫画:春場ねぎ

【画像】風太郎に対する警戒心 | 引用元:五等分の花嫁 第104話 漫画:春場ねぎ

零奈のためだと思って責任感で引き受けたのか。そして、そんな遠ざけている娘たちなのに、風太郎に対して父親の目ってできるのだろうか。それとも、風太郎に対しては別の要因があるのか。

週刊少年マガジン『五等分の花嫁』を読んで。

五等分の花嫁 概要

結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の上杉風太郎は妻と初めて出会ったときを思い出す。

当時、高校2年生の風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。ある日、風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。

五等分の花嫁を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。