キングダム 第616話ネタバレ感想『王翦を助けにきた王賁』

【画像】じいに力を貸してと祈り、バナンジの一刀を受ける蒙恬 | 引用元:キングダム 第616話 漫画:原泰久

【画像】じいに力を貸してと祈り、バナンジの一刀を受ける蒙恬 | 引用元:キングダム 第616話 漫画:原泰久

  • キングダム 第616話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第616話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第616話ネタバレストーリー・あらすじ

王翦本陣に挟撃をかけるフテイ隊とバナンジ軍。

フテイは王翦の目の前まで押し込んでいた。

王翦本陣精鋭は、バナンジを止めるために馬ごとぶつかっていく。

こうなっては、誰でも王翦の首が取れると確信するバナンジ。

バナンジ軍の精鋭が王翦の首を取ろうとしたその時、王賁が王翦の窮地を救う。

窮地を救った王賁に対し、王翦はカンジョウが言ったように、その数で入ってきても状況は変わらないと王賁のことを愚か者と罵倒する。

フテイは、愚かという王翦に同意する。王翦のそばまでフテイとバナンジが接近していた。

【画像】王翦を護る王賁 | 引用元:キングダム 第616話 漫画:原泰久

【画像】王翦を護る王賁 | 引用元:キングダム 第616話 漫画:原泰久

王翦は、バナンジにも槍を向け、総大将王翦には指一本ふれさせないという。

王翦の退路を断っていた趙軍が後ろから攻撃され始める。攻撃したのは蒙恬の軍・楽華隊。

楽華隊の出現で、王翦の首が取れなくなるのを危惧し、フテイは王翦の首を狙いに行く。

それを阻んだのは王賁。

蒙恬は、フテイを退けた王賁の後ろを通り過ぎる。

蒙恬の狙いはバナンジ。

バナンジを止めない限り、王翦将軍は助からないと考える。報告を読んでる蒙恬はバナンジは剛将とわかっている。

【画像】バナンジと対決する蒙恬 | 引用元:キングダム 第616話 漫画:原泰久

【画像】バナンジと対決する蒙恬 | 引用元:キングダム 第616話 漫画:原泰久

百戦して一回勝てるかぐらいの武力差がある。蒙恬の利は、バナンジが蒙恬を知らないこと。最初の一太刀で仕留め損ねたら負ける。

蒙恬は、振りかぶるバナンジを見て、じいに祈り、剣に力をこめる。

バナンジの切り付けをモロに受ける蒙恬。

体が横に傾き、誰しもが蒙恬の首が飛んだと思った。

しかし、蒙恬は、剣を盾に、バナンジの斬りつける力に逆らわず、受け流す。

蒙恬は真横になりながらも無傷で、バナンジの顔めがけて、剣を突き出す。

蒙恬の剣は、バナンジの右目を切り裂く。

キングダム 第616話ネタバレ感想・まとめ

蒙恬の剣は、バナンジの右目を奪ったが仕留め損ねた。

片目を失っただけでは、この手の漫画、この手のキャラは戦いを続行するだろうから危険は変わりないだろう。

片目を失った視界の外から王賁が攻撃するのか。

蒙恬が、フテイを抑えられるかどうか。同じ剣同士だけど、蒙恬は武力寄りじゃないし。。。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。