BEASTARS(ビースターズ) 第147話ネタバレ感想『メロンも惑わす魔性の女:ハル』

【画像】女として抱きしめたの?と質問するハル | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第147話 漫画:板垣巴留

【画像】女として抱きしめたの?と質問するハル | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第147話 漫画:板垣巴留

  • BEASTARS(ビースターズ) 第147話ネタバレストーリー・あらすじ
  • BEASTARS(ビースターズ) 第147話ネタバレ感想・まとめ
  • BEASTARS(ビースターズ) 概要
  • BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

BEASTARS(ビースターズ) 第147話ネタバレストーリー・あらすじ

突然、ハルを抱き寄せるメロン。

メロンは、本能の赴くままに手を滑らせてみるかと、しゃがみ、ハルを抱く。

慌てるハル。

ハルは、レゴシと初めて会った時を同じ状況だと思う。

ハルはストップと叫び、メロンの腕から脱出する。

ハルは、メロンの種族を聞く。

【画像】突然、メロンの種族を聞くハル | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第147話 漫画:板垣巴留

【画像】突然、メロンの種族を聞くハル | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第147話 漫画:板垣巴留

メロンは意表を突かれる。そこ聞くのかと。

抱きしめ方が、男女ではなく、肉食獣が草食獣を捕らえるときに近い感覚だと説明。何度も食べられかけたことがあるからわかるという。

メロンは、この角の通り、ガゼルだという。誰しもがガゼルの角で騙される。疑ったのはハルが初めて。

ハルは、女のとして抱きしめたのかと聞く。色恋沙汰は久々で光栄だけど、男遊びは卒業したという。

メロンは、笑顔のまま、カッターナイフを出して、自分の足にカッターナイフの刃を突き立てる。出血するメロン。突然の行動に驚くハル。

メロンはこんなことは初めてだと納得する。これは肉体の痛みではなく、心のほうが痛いのかと分析する。

* * *

肉草の混血種族にとって痛みや暴力は快楽を得られる手段の一つ。

食欲が欠如している場合が多いからメロンは痩せていて残酷だと説明するデシコ。

コピ・ルアクを飲みながらデシコの話を聞くルイ。

シシ組とレゴシたちは、デシコとルイから離れて立ってる。

ルイは、コピ・ルアクの味の感想ぐらい言えと注意する。

シシ組もレゴシも青ざめながら、旨かった一口だけで十分だという。

ルイは様子がおかしいシシ組とレゴシにヘンだぞと近づいていくと、それにあわせて離れようとするシシ組とレゴシ。

レゴシたちは、ルイのせいじゃない。コーヒーのせいだという。

デシコは言い忘れた。コビ・ルアクは、肉の味を知る現代の肉食獣にとっては、中途半端に欲をあおるだけの代物だった。

【画像】ルイを美味しそうと思うレゴシとシシ組 | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第147話 漫画:板垣巴留

【画像】ルイを美味しそうと思うレゴシとシシ組 | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第147話 漫画:板垣巴留

飲めば最後、強烈に生身の肉がほしくなる。

よだれをたらすレゴシとシシ組。レゴシとドルフは突然頭突きをする。食肉欲を紛らわすために殴り合いを始めるレゴシとシシ組。

【画像】食肉欲を抑えるために殴り合うレゴシとシシ組 | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第147話 漫画:板垣巴留

【画像】食肉欲を抑えるために殴り合うレゴシとシシ組 | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第147話 漫画:板垣巴留

自分たちの食肉欲をまぎらわすためにボロボロになっていくレゴシとシシ組を見て、メロンを倒せるかもしれないと思うデシコ。

シシ組は、今夜は解散しようとルイに告げる。これ以上、一瞬たりともルイを美味しいそうだと思いたくないという。

その気持ちを受けいれるルイ。今夜は解散することになった。

レゴシは、家に帰るとハルがいた。終電なくなったから泊まって行くという。

BEASTARS(ビースターズ) 第147話ネタバレ感想・まとめ

こんなタイミングでハルが。。。

レゴシは、ハルをアパートの外にほっぽりだすこともできないから、自分が外にでていくか。レゴシがアパートのほかの住人の部屋にお邪魔するか。しかし、コーポ伏獣に肉食獣っていたかな?

LINEマンガ『BEASTARS(ビースターズ)』を読んで。

BEASTARS(ビースターズ) 概要

中高一貫のエリート学校・チェリートン学園内で、ある日演劇部の草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きる。テムと同じく演劇部部員であったハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。

BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。