キングダム 第593話ネタバレ感想『チョウガリュウの本陣に食らいつく飛信隊』

信を認めるチョウガリュウ | 引用元:キングダム 第593話 漫画:原泰久

信を認めるチョウガリュウ | 引用元:キングダム 第593話 漫画:原泰久

  • キングダム 第593話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第593話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している無料WEBマンガ『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第593話ネタバレストーリー・あらすじ

干斗新人たちを助けにいった松左。干斗たちは松左隊の助けを得て、なんとか窮地を脱した。

しかし、松左が倒れる。

松左に肩を貸しながら、干斗たちは信の隊に追いつこうと必死に進軍していた。

干斗たちの目の前に崇原歩兵団が交戦している。奥まで崇原歩兵団が押し込んでいるということは信の騎馬隊は敵の最後の防陣辺りまでいっているだろうと考える。松左が何か呟いている。信を励ます言葉を松左は繰り返し呟いていた。

信は、チョウガリュウの最後の防壁をこじ開けようとしているところだった。

隊長自ら先陣を走り、兵たちの指揮を上げるのは王騎のようだというチョウガリュウ。王騎もここぞという場面で先頭に立ち、矛をふるった。その場王騎兵鬼神の如しと有名だったが被るという。

ギョウウンが六将の気配を感じるといった見立ては誤りではなかったと考えるチョウガリュウ。チョウガリュウも全力で応えると側近を呼ぶ。

信たちは最後の防陣を抜く。本陣を捨ててチョウガリュウが横に逃げているのを見る。

逃げるチョウガリュウを負う信たち。

防陣を抜けてきた隊とは思えないほどのスピードでチョウガリュウを追撃する。

チョウガリュウの部下は振り切れないと迎撃を促すもチョウガリュウは振り切らずともよいという。

信のような先陣を切る将タイプを知り尽くすチョウガリュウ | 引用元:キングダム 第593話 漫画:原泰久

信のような先陣を切る将タイプを知り尽くすチョウガリュウ | 引用元:キングダム 第593話 漫画:原泰久

王騎、キョウ、オウコツ、将自ら先陣を行く烈将たちとは嫌というほど戦ってきた。故に、よく知る。前を阻む敵には無類の強さを見せるが、そうではない敵には気の当て場を失う。

飛信隊の弱点・横撃急襲に弱い | 引用元:キングダム 第593話 漫画:原泰久

飛信隊の弱点・横撃急襲に弱い | 引用元:キングダム 第593話 漫画:原泰久

チョウガリュウは、追撃してくる信の隊に横撃急襲をかける。

楚水が指揮をとるも敵も並の強さではない。そして、信の前には、二人の将が立ちはだかる。

信の前に立ちはだかるチョウガリュウ軍最強の徐兵団 | 引用元:キングダム 第593話 漫画:原泰久

信の前に立ちはだかるチョウガリュウ軍最強の徐兵団 | 引用元:キングダム 第593話 漫画:原泰久

チョウガリュウは、ギョウウンとは違い、相手の刃が体に触れることなく常に勝つという。

チョウガリュウ軍最強の徐兵団が信たちを押す。信も二人の将の攻撃に押される。

信は一人の将の槍を大きく弾くと、その隙にもう一人の将が信のわき腹を槍で刺す。その代わりに、信がその将の頭を刈る。

キングダム 第593話ネタバレ感想・まとめ

横撃を食らい、二人の将に阻まれる。これはまさに蛇甘平原での麃公と呉慶の戦いと同じ流れ。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。