彼岸島 48日後… 第220話ネタバレ感想『明vs姑獲鳥 完全決着』

【画像】明は姑獲鳥に最強だったと応える | 引用元:彼岸島 48日後… 第220話 漫画・松本光司

【画像】明は姑獲鳥に最強だったと応える | 引用元:彼岸島 48日後… 第220話 漫画・松本光司

  • 彼岸島 48日後… 前回までのあらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第220話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第220話ネタバレ感想・まとめ
  • 彼岸島 48日後… 概要
  • 彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

彼岸島 48日後… 前回までのあらすじ

バンパイアウイルスがまかれ、ほとんどの人間が吸血鬼と化した日本。

明は吸血鬼たちの武闘会に出場し、最強の呼び声が高い姑獲鳥と対戦。

互角の戦いを繰り広げる。

長かった戦いに終わりの時がくるのか!?明が最後の攻撃に打って出た!

彼岸島 48日後… 第220話ネタバレストーリー・あらすじ

姑獲鳥の踏んだワイヤーを引っ張り、転倒させる明。

そのチャンスを狙って、明が姑獲鳥に切りかかる。

明は、一太刀に掛ける。

明は、倒れている姑獲鳥の首を切断しようと仕込み刀で切り裂いていく。

として、姑獲鳥の首を跳ねた。

【画像】姑獲鳥の首をはねる明 | 引用元:彼岸島 48日後… 第220話 漫画・松本光司

【画像】姑獲鳥の首をはねる明 | 引用元:彼岸島 48日後… 第220話 漫画・松本光司

跳ねた首を掲げ、雄叫びを上げる明。

姑獲鳥を倒した明を化け物だと呼び、吸血鬼たちは逃げ出していった。

姑獲鳥を倒した明に鮫島も勝次も驚愕する。

明はそのまま一言も発せず倒れる。鮫島はそっとしておいてやれという。ギリギリの体力で紙一重で買ったんだと察する。

首を跳ねた姑獲鳥がしゃべりだす。

姑獲鳥は、明に最後の頼みを託す。

どこか見晴らしのいい高いところに連れて行ってほしいという。

鮫島は、抗議するも明は、了承し、姑獲鳥の頭と体を担いで、ドームの外壁を登っていく。

ドームの屋根で二人きりになった二人。

姑獲鳥は語りだす。

生まれつき体が弱くていじめられていた。誰にも負けない男になりたかった。

姑獲鳥は明に強い男になれたのだろうかと問う。

【画像】姑獲鳥は明に自分は強かったかと聞く | 引用元:彼岸島 48日後… 第220話 漫画・松本光司

【画像】姑獲鳥は明に自分は強かったかと聞く | 引用元:彼岸島 48日後… 第220話 漫画・松本光司

明は、姑獲鳥のことを「最強」だったと伝える。

姑獲鳥は満足そうに逝く。

彼岸島 48日後… 第220話ネタバレ感想・まとめ

いきなり、しんみりムードに。

週刊ヤングマガジン『彼岸島 48日後…』を読んで。

彼岸島 48日後… 概要

『彼岸島』『彼岸島 最後の47日間』につづく3rdシリーズの幕が上がった!
雅によって吸血鬼ウィルスがまかれ、日本が血に飢えた化け物の国となってしまった。生き残った人たちは、いつ襲って来るかわからない吸血鬼に怯え、暮らしていた。そんな中、人間たちの間である男の噂が流れる。
「吸血鬼どもを斬りまくるとてつもなく強い男がいる」と‥‥。
果たして人間たちに吸血鬼どもを駆逐する逆襲の一手があるのか!?
新たな戦いが今、始まる!!

彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。