六道の悪女たち 第132話ネタバレ感想『ミナミと鈴蘭の凸凹コンビ』

鈴蘭の華麗な攻撃 | 引用元:六道の悪女たち 第132話 漫画:中村勇志

鈴蘭の華麗な攻撃 | 引用元:六道の悪女たち 第132話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第132話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第132話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 第132話ネタバレストーリー・あらすじ

パシリを要求されていたミナミを助けたのは鈴蘭だった。

鈴蘭は、ボクシングをしているという黒ギャルを挑発する。

黒ギャルは鈴蘭もパシリにしてやると向かっていくも鈴蘭の飛び膝蹴りで一発ノックアウト。そのまま、もうひとりのギャルに延髄チョップを食らわせて一瞬で二人を倒す鈴蘭。

ミナミは、鈴蘭をスーパーヒーローだと感動する。

ミナミは鈴蘭に感謝をする。鈴蘭はミナミを助けたわけじゃなくて、理想の学園生活を手に入れたいだけだという。

一生に一度の青春。学校の不良どもを全員血祭りにあげて、亞森の頂上をとることだという鈴蘭。

鈴蘭に思わずツッコミを入れるミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第132話 漫画:中村勇志

鈴蘭に思わずツッコミを入れるミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第132話 漫画:中村勇志

ミナミは、鈴蘭も不良かいとツッコミチョップを入れる。鈴蘭は、ミナミに自己紹介をして、何組かと聞く。ミナミは3組だと応える。鈴蘭は舌打ちをして、同じ3組だという。ミナミは先行き不安になる。

鈴蘭が、ミナミのゴスロリファッションを貶すと、鈴蘭が早速制服を着てウキウキかとツッコミを入れる。

鈴蘭が速攻で制服を着ていることにツッコミを入れるミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第132話 漫画:中村勇志

鈴蘭が速攻で制服を着ていることにツッコミを入れるミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第132話 漫画:中村勇志

そこに、二年の高城という男がやってきて妹を殴ったのはお前かと脅してくる。先ほどの黒ギャルの兄だった。

構える鈴蘭。ミナミはこんな学校でどう楽しく過ごせばいいのかと六道に助けを求める。

そこに、番長だと頭を下げる高城。他のみんなも番長に挨拶だと集まってくる。ミナミはついに番長がでてきて、自分の学園生活は終わったと思う。

そこに歩いてきたのは、ミナミの知るメンバーばかりだった。幼田が番長と呼ばれていることにビックリするミナミ。

みんなに慕われていることに驚くミナミ。

番長が、ミナミに手を振る。皆がミナミに駆け寄り、温泉旅行ぶりだと言い合う。

鈴蘭の制服が似合わないという飯沼 | 引用元:六道の悪女たち 第132話 漫画:中村勇志

鈴蘭の制服が似合わないという飯沼 | 引用元:六道の悪女たち 第132話 漫画:中村勇志

鈴蘭がほったらかしかよというと、飯沼が制服の鈴蘭に違和感あるとツッコミを入れる。

番長が、鈴蘭に挨拶するといきなり亞森の頂上を知る鈴蘭。

ミナミと鈴蘭がもう友達になったのかと聞くと反応に困る。番長が仲良くなというと一応受け入れる二人。

そして、六道の登場。

六道は、こんな亞森高校で自分の居場所を作っていることにミナミは感心し、自分も理想の学園生活を送ろうと心に決める。

駆け寄ってくる六道に、ミナミも鈴蘭も黄色い声で応えると二人は互いにけん制しあう。

六道の悪女たち 第132話ネタバレ感想・まとめ

次の悪女は新入生なのだろうか。新入生のミナミと鈴蘭を中心に展開するのか。

ミナミのツッコミが入る鈴蘭とのコンビは面白いかもな。

LINEマンガ『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。