七つの大罪 第329話ネタバレ感想『反撃するゼルドリス』

【画像】相思相愛の喜びは強大な力を生み出すと言い切るゼルドリス | 引用元:七つの大罪 第329話 漫画:鈴木央

【画像】相思相愛の喜びは強大な力を生み出すと言い切るゼルドリス | 引用元:七つの大罪 第329話 漫画:鈴木央

  • 七つの大罪 第329話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 七つの大罪 第329話ネタバレ感想・まとめ
  • 七つの大罪 登場人物・キャラクター近況まとめ
  • 七つの大罪 概要
  • 七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

七つの大罪 第329話ネタバレストーリー・あらすじ

魔神族を見捨てるメリオダスに軽蔑するゼルドリス。

メリオダスは一緒に来いと差し伸べた手を払いのけるゼルドリス。

次会った時は敵同士だというゼルドリスの言葉に、面白いと笑うメリオダス。

そんなやり取りを見せられるゼルドリス。

魔神王は、メリオダスの本性を思い出したかとゼルドリスに問う。

ゼルドリスは、いまさらこんな幻覚で動じるとでも思ったかと、メリオダスとゼルドリスの幻覚を剣で払う。

幻覚が消え、魔神王に変化する。

脚色するならもっと上手いことやれというゼルドリス。メリオダスの本心を知った。自分が裏切られたと思い込んでいただけだったと。

魔神王は、愛する息子を手にかけてくないという親心がわからぬのかとゼルドリスに剣を振り下ろす。

【画像】魔神王から愛情を感じたことがないと言い切るゼルドリス | 引用元:七つの大罪 第329話 漫画:鈴木央

【画像】魔神王から愛情を感じたことがないと言い切るゼルドリス | 引用元:七つの大罪 第329話 漫画:鈴木央

ゼルドリスはゲルダを抱えて回避する。魔神王から愛情を感じたことはない。泣き落としとは堕ちたという。

精神世界では、ゼルドリスにも勝機がある。メリオダスに己の命に代えがたい恋人がいるように、自分にも絶対ゆずれない恋人がいる。

ゼルドリスは、魔神王を剣を交える。

魔神王のカブトの額部分に亀裂が入る。

誰かに愛し愛される喜びが強大な力を生み出すことは理解できまいと魔神王を罵る。

ゼルドリスは、魔神王が弱っているのは明白。メリオダスに二度も敗北しようとしているからだと言い放つ。

外の世界のことはゼルドリスに見えていないはずだというも、ゼルドリスは、メリオダスを信じていると。

ゼルドリスのオミノス・ネビュラの一撃が魔神王を襲う。

現実世界にゲルダが戻ってくる。

【画像】ゼルドリスのカラダから出ようとする魔神王 | 引用元:七つの大罪 第329話 漫画:鈴木央

【画像】ゼルドリスのカラダから出ようとする魔神王 | 引用元:七つの大罪 第329話 漫画:鈴木央

ゼルドリスのカラダから魔神王がでてこようとしている。

七つの大罪 第329話ネタバレ感想・まとめ

魔神族がどういうふうに子孫を残すのかしらないけど、男女があるって子孫繁栄の仕組みが人間と同じなら、魔神王もメリオダスとゼルドリスを授かるためにも女性の存在があったはず。

魔神王もまた相思相愛でメリオダスとゼルドリスを授かったのだとすると、そこに悲しいストーリーがありそう。

週刊少年マガジン『七つの大罪』を読んで。

七つの大罪 登場人物・キャラクター近況まとめ

メリオダス
七つの大罪団長。エリザベスを呪いから救うため、父親の魔神王に三千年抗い続けている

バン
七つの大罪団員。不死の力と引き換えに恋人・エレインの蘇生に成功した。

キング
七つの大罪団員。三代目妖精王ハーレクインとしても君臨する。マエル戦で覚醒を果たした。

ディアンヌ
七つの大罪団員。キングとは両想いの恋仲になった。

エスカノール
七つの大罪団員。昼は最強、夜は最弱。現在はマエルから「太陽」を回収した。

マーリン
七つの大罪団員。ブリタニア一の魔術士で、その魔力「無限」が反則級。

ゴウセル
七つの大罪団員。<十戒>ゴウセルに作られた人形で、精神系の攻撃が得意。

エリザベス
リオネス王国の王女で、メリオダスの恋人。三千年前の呪いにより、転生を繰り返す。

エレイン
妖精王の森を守る聖女で、三代目妖精王・キングの妹。バンの恋人で、バンのギフトにより完全な復活を果たした。

ゼルドリス(魔神王)
メリオダスの父親・魔神王がゼルドリスを拠り代に復活した姿。その力は未知数。

ゼルドリス
メリオダスの弟。恋人・ゲルダのため父親に抗い、魔神王の拠り代として体を奪われている。

ゲルダ
エジンバラの吸血鬼。封印される三千年前から、ゼルドリスとは恋仲にある。

七つの大罪 概要

人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。

七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。