キングダム 第619話ネタバレ感想『ホウケン出現』

【画像】隊の力で信とキョウカイを助け李牧を討つと息巻く渕 | 引用元:キングダム 第619話 漫画:原泰久

【画像】隊の力で信とキョウカイを助け李牧を討つと息巻く渕 | 引用元:キングダム 第619話 漫画:原泰久

  • キングダム 第619話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第619話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第619話ネタバレストーリー・あらすじ

駆けつけた淡が河了貂の矢傷の手当をする。

部下が馬を持ってくる。

河了貂は、淡に例を言い、大手柄だと。そして、仁に死ぬなと言葉をかけて馬に乗る。

河了貂は、軍師の仕事に戻る。

飛信隊を阻んでいた金毛軍の将軍金毛が討たれた。息を合わせればここを抜けて李牧本陣に突撃すると周知させる。

金毛軍本陣にも金毛討ち死にの報が入る。

飛信隊の勢いは止まらず、李牧に守備かなわずの伝令を出すように通達する金毛の部下。

飛信隊は金毛軍を抜く。

その喚声でカイネが、金毛軍が抜かれて飛信隊がやってくることを察する。

シリョウの一撃を受けるも馬ごと吹っ飛ばされるカイネ。

吹っ飛んだところにバテイがいた。

バテイは、シリョウは自分が受け持つから李牧のところにはカイネがいけと指示を出す。

李牧の本陣の兵にぶち当たる飛信隊。

楚水隊と崇原隊が李牧本陣の兵と倒していく。

信が趙兵を弾き返す力が弱くなり、キョウカイも沈黙したまま。これまで死力を尽くしてきて、二人の体は限界。渕は、隊の力で二人を助けて李牧を討つと飛信隊を鼓舞する。

飛信隊は、ようやく李牧本人が見えるところまで攻め入っていた。

キョガイが李牧を確認し、声を上げる。

カイネが李牧のところに到着。早く退却をと急かすも、李牧はカイネの頬を触り、飛信隊がここまで来ると決まったわけではないという。

河了貂は、李牧を逃がさないために、キョガイ隊はそのまま突撃。ナキ隊を回り込ませ退路を断たせようと指示を出す。

【画像】いきなり、目の前に自分の体よりも大きな鉄塊が飛んできたキョガイ | 引用元:キングダム 第619話 漫画:原泰久

【画像】いきなり、目の前に自分の体よりも大きな鉄塊が飛んできたキョガイ | 引用元:キングダム 第619話 漫画:原泰久

しかし、キョガイは、ホウケンの刃の前に屠られてしまう。

ホウケンの出現に信もキョウカイも感じとる。

キングダム 第619話ネタバレ感想・まとめ

群集とはいえ、馬の下から、あんな大きな矛がにゅっとでてきたと思ったら、キョガイの目の前に迫る大きな鉄の塊。

【画像】突然、下から現れたホウケンの矛 | 引用元:キングダム 第619話 漫画:原泰久

【画像】突然、下から現れたホウケンの矛 | 引用元:キングダム 第619話 漫画:原泰久

人の何倍の背丈もあるホウケンは李牧の本陣で寝そべりながら待っていたのか?

地面の中に埋まっていたのか、と思うほどの角度から矛がでてきたな。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。